過去形の発音をマスターしよう!

こんにちは、Master English です。

今週のレッスン内容「過去形」について

発音のポイントをご紹介します。

 

過去形は大抵のaction動詞の場合、

語尾に -ed をつけるだけで「〜した」という意味にできます。

さてこの -ed の発音が

単語によって違うこと知っていましたか?

 

 

次の単語を声に出して言ってみましょう。

played

helped

looked

wanted

どんな違いがあるかわかりましたか??

 

 

 

まず played と wanted は -ed を「ドゥ」と発音します。

played →「プレイドゥ」

wanted →「ウォンテッドゥ」

 

一方で helped と looked は -ed を「トゥ」と発音します

helped →「ヘルプトゥ」

looked →「ルックトゥ」

 

 

 

この発音の違いには規則があります。

簡単に言うと動詞の語尾が

K, S, Sh, P,の場合には「トゥ」と発音し、

その他の場合には「ドゥ」と発音します。

 

◆語尾がk, S, Sh, P の単語→ -ed は濁らない発音

walked ウォークトゥ

passed パストゥ

washed ウォッシュトゥ

helped ヘルプトゥ

 

◆その他の場合→ ed は濁る発音

studied スタディードゥ

lived リヴドゥ

used ユーズドゥ

answered アンサードゥ

 

 

 

正確にはより細かく区別されますが

このルールを覚えておけば、

たいていの単語は正しく読めるでしょう。

発音がきれいだと、英語に自信が持てますね♪

声に出して練習しましょう!

2017年2月4日

0 responses on "過去形の発音をマスターしよう!"

Leave a Message

copyright@ Master English