旅行英会話をマスターするコツ 

 

 

旅行英会話をマスターするコツ 

英語を勉強する上で大切なことは選択と集中です。自分はどんなスキルを見につけたいか、はっきりさせてから勉強に取り組みましょう。一般的に日常英会話、旅行英会話、ビジネス英会話、またはToeicなどのテスト勉強があります。これらは全て違う語彙を使っているのでいっぺんに勉強することはお勧めしません。全部が中途半端な成果になってしまいます。課題を絞り、十分に声に出した反復練習を行い、一つ一つ英語を自分のものにしていきましょう。今回は旅行英会話について投稿します。

旅行英会話をマスターするには「5つの必須文法」を身につけよう!

旅行英会話で必ず必要になる文法が5つあります。この5つの文法ポイントが使えると旅行が倍楽しくなるでしょう。

1.  Would you like….?の使い方

●レストラン、ホテル、サービスが提供される場所で一番耳にする英語はWould you likeです。

Would you like は「〜はいかがですか?」

Would you like toは「〜をしませんか?」

答える時にはI’d (would) like で答えましょう。

Would you like anything to drink? 何かお飲みものはいかがでしょうか?

What size would you like? どのサイズがいいですか?

How would you like your steak? ステーキはどのように調理しましょうか?

Would you like any dessert? デザートはいかがでしょうか?

Where would you like to go? どこに行きたいですか?

●I’d like… は「〜が欲しい」という意味で、I’d like to は「〜がしたい」という意味です。

I’d like a beer. ビールをお願いします。

I’d like a small. 小さいサイズをお願いします。

I’d like it well done. 十分に火が通っている状態でお願いします。

I’d like a chocolate cake. チョコレートケーキをお願いします。

I’d like to order 注文したいです。

“Would you like (to)….. / I’d like (to) …” フレーズを練習する。

 

2. Can I…?の使い方

●自分が取りたい行動に対して許可を得るときに使います。「〜してもいいですか?」と訳されます。最もよく使われるのは、何かが欲しい時の “Can I have…?” という表現です。レストランで注文する際や、お店で何かが欲しい時に “Can I have this?”「これもらえますか?」と言うと、とても丁寧です。 “I’d like ….” と言ってもいいのですが、 “Can I have…?”の方が丁寧な表現になります。

店員に「何がほしいですか?」と聞かれたら “I’d like…” という表現は適切ですが、たとえば店員を呼んで何かを頼む時には、 “Can I have…”の方が適切です。

Can I have an extra blanket? もう一つ毛布をもらえないでしょうか。

Can I get a new fork? 新しいフォークをください。

Can I get some extra plates? お皿を余分にもらえますか?

●Whをつけ加えるとより具体的な質問が可能になります。「いつ〜をできますか?」「どこで〜をできますか?」「どうやって〜をできますか?

When can I call you? いつご連絡できますか?

Where can I get the floor map? どこでフロアマップをもらえますか?

How can I get to Hillton? どうしたらヒルトンに行けますか?

“Can I….”フレーズを反復練習する。

 

3. Can you…? の使い方

●相手にある行為を依頼したいときに使います。「〜してもらえますか」と訳されます。

Can I と Can you の使い方を迷う人がいますが、Can I は「自分がとる行為」で Can you は「相手がとる行為」になります。しかし、中にはどちらでも言える場合があります。例えば、Can I see this?「これを見せてもらってもいいですか?」 Can you show me this? 「これを見せてください。」どちらも同じ意味になりますが、 “Can I…”の方が丁寧な表現になり “Can you…” はより率直な表現になります。

Can you pull down your shades? 日よけを下げていただけますか?

Can you let me through? 私を通してもらえますか?

Can you take a picture of us? 写真を撮ってください。

Can you warm it up? これを温めてください。

“Can you….”フレーズを反復練習する。

 

4. Should I….? の使い方

●相手に指示してほしい時、または相手の意見を聞きたい時につかいます。

What gate should I go to? どのゲートに行けばいいですか?

What should I do? 私はどうしたらいいですか?

What time should I be back? 何時に戻ればいいですか?

“Should I…? / I’ll …/ Let me….” フレーズを反復練習する

 

5. I’ll… の使い方 / Let me… の使い方

●自分が取る行動をストレートに表現できる英語です。「〜します」

I’ll take it. もらっていきます。(=購入します)

I’ll pay in cash. 現金で払います。

I’ll charge it. カードで払います。

I’ll try it. 試してみます。

●“I’ll…”の丁寧な表現が “Let me..”になります。 “Let me….”は「〜させてください」という意味になります。Let me はどちらかというとサービスを提供する方が使う表現です。

Let me help you. お手伝いいたします。

Let me show you. お見せします。

Let me take your bag. カバンを持ちます。

“Should I…? / I’ll …/ Let me….” フレーズを反復練習する

 

3 responses on "旅行英会話をマスターするコツ "

Leave a Message

copyright@ Master English