トランプ氏のツイッター問題 

トランプ氏が司法妨害で捜査をされるかはまだ正式に発表が行われていないようです。しかし、どの報道機関もトランプ氏が捜査をされていると報道したのはトランプ氏が自らツイッターで「私は捜査されている」と発言したからです。

でも実際はワシントンポストに書かれた「トランプ捜査対象」という根拠なきリークをトランプ氏が読んでツイッターで「俺、捜査されてる!!」と発言してしまったのです。あとで彼の弁護士が出てきて「大統領は、司法妨害の対象にされていない」と訂正をしています。

“The president is not and has not been under investigation for obstruction of justice.”  Bloomberg

トランプ政権の特徴は大統領であるトランプ氏が発言することと彼のスタッフが言うことに大きな違いがあるということです。

このことがトランプ政権に大きな問題を起こします。ホワイトハウス報道官のショーンスパイサーは最近出てこなくなりました。それは、彼が発言した内容がトランプ氏によってツイッターで覆されるからです。これが何回もあったため、彼が取った処置はカメラ撮影なし、録音なしという異例の記者会見を開くことでした。これに対して記者から批判が殺到しました。この馬鹿げた事態に、ある記者はこんなことをツイートしています。

(スパイサーのカメラ撮影なし、録音なしの記者会見が始まった。ショーンの映像は見せれないので僕が週末に買った新しい靴下です。)

私としては、あまり政治に関心がないのでがトランプのおかげでコメディーショーを見るなみに政治が面白くなっています。

 

2017年6月24日

0 responses on "トランプ氏のツイッター問題 "

Leave a Message

copyright@ Master English