パリス・ヒルトンの英語 (ツイッターを通して)

6月23日はアメリカではナショナルピンクデーという日です。あまり有名ではないのですが、ピンクの色を祝う日で色々なお店がピンク色の商品を店頭に並べたり、ピンクの好きな人達がピンク色の服を着る日です。

この日のツイッターで最初に目にしたのがパリスヒルトンです。パリスヒルトンとはホテルで有名なヒルトン家の孫娘です。いつもメディアを騒がせている問題娘です。彼女の発言は常に馬鹿げていると有名です。

過去に彼女が言ったこと

You should live everyday like it’s your birthday.  (毎日を自分の誕生日のように生きればいいのよ。)

I’m like an American princess. (私はアメリカのプリンセスのようなものだわ)

 

彼女がピンクデーにツイートしたイメージ

“As long as there is pink in the world. It will always be a better place.”

(この世にピンクさえあれば、いつもいい場所になるわ。)

 

 

As long as の使い方

ここで彼女が使っているas long asという文法ポイントを説明します。

[as long as+文] は必要最低条件のことで、「たくさんある条件の中で、これだけクリアできれば」という内容を表します。

例文

I will lend you my car as long as you don’t crash it.  (事故らないなら、車を貸してあげるよ。)

I’ll go to the event as long as it’s free. (イベントがタダなら、行くよ。)

As long as he pays for everything, I’ll go on a date with him. (彼が全てをおごってくれるなら、デートしてあげるわ。)

As long as you have your passport and some cash, we will be ok. (パスポートとお金さえあれば、何とかなるでしょ。)

0 responses on "パリス・ヒルトンの英語 (ツイッターを通して)"

Leave a Message

copyright@ Master English