日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール 〜リスト〜

101の英語文法ルールの身につけかた

会話に必要な英語文法を身につけなければ遠回りをしてしまいます。つまり、中学英語を知っていればいいということです。会話で必要な文法はとてもシンプルなものが多いです。しかし、ただ知識として持っていてもダメです。大切なポイントは学んだ文法が実際の会話で使えることです。文法を必ず声に出して実践練習しましょう。すべての101の英語文法ルールには練習が付いています。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

 

101の文法リスト (随時更新されています)

1. 基本動詞 1 Have / go

2. 基本動詞 2 have / go / do 

3. 基本動詞 3 make / take / get

4. 「1回目」と「1回」を英語で行ってみよう。

5.「あまり〜ではない」を英語で表現

6.「私に合っている」を英語で表現

7. can と will の助動詞をマスター

8. can と will の使い方を強化

9. have to と should の助動詞をマスター

10. should の使い方を強化

11. have to, must, had better の使い分け

12. [It’s + 形容詞 + to 不定詞]をマスター

13. 動名詞は主語としても使える。

14. 物事を説明するのに役立つ3つの文法 [It is…/ It has…/ You can…] 

15. There + be動詞 「〜があります」 

16. It has.. と There is… の違い

17. 比較級をマスター

18.  比較級を使ったフレーズ [It’s+比較級+than I thought]

19.  最も使う比較級 [more – less / better – worse]

20. 最上級をマスター

21. 最上級と現在完了形を一緒に使う

22. 現在完了形の使い方

23. 現在完了形 疑問文 [Do you ever…/Have you ever..]

24. 未来形で予定を話す

25. 「何をするかがわからない」[I’m not sure + wh…/If….]

26. 確かさを表現する [I’m (not) sure…/ I (don’t) think…]

27. I wonder の使い方

28. be able to の使い方

29. used to と anymore の使い方

30. glad と hope の使い方

31. 時間を表す英語 [In those days / At that time / These days / Recently]

32.「やっと慣れた」を英語で表現 [(be / get) used to + 動名詞]

33. -ing と -edの形容詞を使い感情を表現

34. 自分の気持ちを[have + 名詞]で表現

35. 動名詞を使う感情表現

36.  Make の使い方

37. 副詞の位置 [already, yet, still]の使い方

38.副詞の位置 [justとonly]の使い分け

39. 副詞 [almost]の使い方

40. 副詞の位置、文の後ろに来る副詞

41. 副詞の位置 [助動詞+副詞]

42. -ly副詞の使い方

43. 副詞evenの使い方

44. too (much/many)とenoughの使い方

45. tooとnot enoughの使い分け

46. 五感動詞の基本

47. 五感動詞の使い方

48. be動詞を置き換えられるget動詞

49. 相づちの打ち方

50. someとanyの使い分け

51. [All of…/ Some of …/Most of…]の使い方

52. 疑問文 [What…? How…?]

53. 疑問文 ~現在形~

54. 疑問文 ~過去形・現在完了形~

55. 疑問文 ~未来形~

 
 
 
 
 
 
 
 

10 responses on "日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール 〜リスト〜"

Leave a Message

copyright@ Master English