[It’s +形容詞+to do]と[~ing + 形容詞]を使いこなそう

「〜することは形容詞だ」と言いたい時に2通りの言い方があります。どちらもよく使うので両方に慣れましょう。

[It’s +形容詞+to do]をマスターしよう。

これは会話での頻出フレーズです。まず形容詞を使って、「それは〜だよ」= [It’s + 形容詞]と表現したあと、「〜することは」= [to+原形動詞]でその評価の根拠となっている行為や状態を表します。直訳すると「それは〜だよ、〜することは」という意味になります。

「評価」→「行為」

It’s important to read books. それは〜大切だよ、本を読むことは。

*「自分にとって」の表現 = ~for me

[It’s 形容詞+to do] のフレーズに for me を付け加えると「私にとっては、個人的な意見では」という意味が強調できます。

It’s important for me to eat good local food. 

[~ing + 形容詞]を使いこなそう

英語の勉強を始めるとまず使い慣れるのが [It is + 形容詞 + to do] で「〜することは形容詞だ」という表現です。to do の部分を doing(動名詞)に変えて、主語にもってくることもできます。[Doing is + 形容詞] という形で、「〜することは形容詞だ」という同じ意味です。

Practice (練習)

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

●[It’s +形容詞+to do]か[~ing + 形容詞]どちらかの文法を使い文を完成させましょう。

1. 新しいテクノロジーを使うのは私にとって大変だ。

2. 飲みに行くのは楽しい。

3. 新しい単語を覚えるのは簡単だ。

4. 通勤は大変だ。

5. きちんとすることは大変だ。私はいつもだらしない。

6. 私にとって付き合うことは大変だ。

7. 私にとって健康でいることは、大切だ。

 

Answer (音声)

 

1. It’s hard to use new technology for me. 

2. It’s fun do go drinking. 

3. It’s easy to remember new words. 

4. Commuting is hard for me. 

5. Being neat is hard for me.  I’m always messy.

6. Being in a relationship is hard for me.

7. Being healthy is important for me.

Recording (音声)

2017年10月6日

0 responses on "[It’s +形容詞+to do]と[~ing + 形容詞]を使いこなそう"

Leave a Message

copyright@ Master English