五感動詞の基本

五感動詞はリアクション (反応)言葉として、会話で頻度多く用います。例えば、「いいね!」

「綺麗!」「美味しい!」と自分の五感を通して感じることを表現するために使う言葉です。

知覚動詞を使ってみよう

五感動詞を知覚動詞とも言います。知覚動詞とは「見る、聞く」などの人間の五感を表す動詞のことで、look, sound, taste, smell, feel がよく使われます。これまでBe動詞を使って [It is+形容詞] と表現してきたことは、この知覚動詞を使って [It + (taste / look / feel / sound / smell)+形容詞]という表現に言い換えることができます。

つまり、そのBe動詞を知覚動詞 (look, sound, feel, taste, smell) に置き換えると、その状態を自分の五感でどう感じているかを表現できます。

It is good. → It tastes good.(どちらも同じ「おいしい」という意味ですが、taste を使う方が自分自身が感じていると強調できます。)

It is good. → It feels good.

(どちらも同じ「良い」という意味ですが、feel を使う方が自分自身が感じているということを強調できます。)

seems 

seemsは五感動詞ではないのですが、知覚動詞の一つです。

初めて見たもの、聞いたもの、まだ明確に知らない物事に対して「〜そうだ、みたいだ」と言うときに使う表現です。looksは目に見える情報に対して「〜そうに見える」という意味です。seemsは感覚的な物事に対して「〜そうだ」と使います。

形式は[(seems) +形容詞]です。It seems fun.

Practice (練習)

Practice (練習)

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう

●知覚動詞使って文を完成させましょう。

1. それいいね。(見た目が)

2. 綺麗に見えるよ。

3. それお似合いですよ。

4. それ重そうだね。

5. それいいね。(話の内容が)

6. これすっごく美味しい

7. それは大変そうだ。

8. このオレンジ変な匂いがするよ。

9. この服の手触りいいね。

10. その問題は解決するのに難しそうだ。

 

Answers (答え)

 

1. It looks good.

2. You look pretty.

3. It looks good on you.

4. It looks heavy.

5. It sounds great.

6. It tastes amazing!

7. It seems hard.

8. This orange smells funny.

9. This clothes feels really nice

10. That problem seems difficult to solve.

2017年11月28日

0 responses on "五感動詞の基本"

Leave a Message

copyright@ Master English