名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール (第47回:副詞の位置、文の後ろに来る副詞)

2019/4/17

副詞の位置

副詞とは動詞を修飾する言葉です。文章の中でどこに副詞を置くかを難しく感じる時があります。基本位置は二つありますので、まずその場所と副詞に慣れましょう。

二つの基本位置とは、

1.  前の方に来る副詞。(not と同じ位置に来る)2. 後ろの方に来る副詞。(動詞の後、目的語の後ろに来る)

例: I only have 1000 yen today.  前の方に来る副詞。

I don’t like vegetables at all.  後ろの方に来る副詞

今日のレッスンは後ろに来る副詞を徹底練習しましょう。

either / as well

either を使うときは否定の文章でなくてはならない。*Tooは肯定文のみに用いられる。

as wellは否定・肯定どちらでも使える。

I didn’t like the hotel because it was old and the air con didn’t work (either / as well)

(ホテルが好きではありませんでした、なぜならば古くてエアコンも機能しなかったからです。)

I didn’t like the hotel because it was small and the sink was clogged (as well / either)

(ホテルが好きではありませんでした、なぜならば小さくてシンクまで詰まっていたからです。)

a lot と not much 

たくさんすることは文末に a lot を付けることで表現できます。一方であまりしないことは否定文の文末に much を付け加えます。

I eat a lot. (私はたくさん食べます。)

I don’t drink much. (私はあまり飲みません。)

more / less

何かを「もっとしたい」または「減らしたい」と表現したい場合は、more か less を使います。

I’ll try to exercise more. (もっと運動するように努力する)

I’ll try to drink less. (飲むことを減らすように努力する)

early / late / on time

early 「早く」late 「遅く」on time 「時間通り」

ある時間に対して「ぴったり」のことを on time 、「〜分遅れる」ことを [時間+late] 、「〜分早い」ことを [時間+early] で表現します。

I go to bed early. (私は早く寝ます)

Jake came to class 10 min late. (ジェイクはクラスに10分遅れて来ました)

I usually get to class on time. (私は普段クラスに時間通りに着きます)

the most / the best

most は many と much の最上級です。数や量を表します。best は good の最上級です。質を表します。

I like action movies (the most / the best)この文ではどちらの言葉でも使えます。

I like beer the best. (ビールが一番好きです)

I run the most. (一番よく走ります)

not at all

何かの状態や行動を否定し、強調として用いるのがnot at all で、「まったく〜ない」という意味です。

I don’t like it at all. (全然好きではない)

I don’t excise at all. (全く運動をしません)

well

「良く」を副詞で表現すると、 “well” になります。  “You did well” 「良くできました」

I don’t feel well. (気分が悪いです)

I can sing really well. (私はとても上手く歌えます)

後ろの方に来る副詞のまとめ

too / as well 「〜も」↔︎ (not) either 「〜も」*否定文で使う

a lot 「たくさん」 ↔︎ (not) much 「あまり〜しない」*否定文で使う

more 「もっと」 ↔︎ less 「〜より少ない」

early 「早く」late 「遅く」on time 「時間通り」

best 「一番」most 「最も」

not at all 「まったく〜ない」*否定文で使う

well 「上手く」

Practice (練習)

Practice (練習)

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう

●後ろに来る副詞を使って文を完成させましょう。

1. 私は英語をもっと話したい。

2. 私は飲み過ぎだ。私は飲むことを減らすべきだ。

3. 私はソーダを一切飲まない、なぜならば健康に悪いから。

4. 私はアクション映画が一番好きです。

5. 私は昨日あまり食べていません。なぜならば気分が悪かったからです。

6. 私は今日はたくさん食べます。

7. 私は普段会社に15分前に着きます。

8. 私はいつも学校に時間通りに着いています。絶対遅れません。

9. 私の友達は旅行が好きです。私も好きです。

10. 妹はホラーが嫌いです。私も嫌いです。

 

Answers (答え)

1. I want to speak more English.

2. I drink too much. I should try to drink less.

3. I don’t drink sodas at all because it’s bad for you.

4. I like action movies the best. (*the mostでもいい)

5. I didn’t eat much yesterday because I didn’t feel well.

6. Today, I’ll eat a lot.

7. I usually get to work 15 min early.

8. I always get to school on time. I’m never late. 

9. My friends like to travel.  I do as well. 

10. My sister doesn’t like horror movies.  I don’t either.

音声 (recording)

↓↓↓↓↓↓↓



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから