名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

doの使い方 使い回しがヤバイ! [英会話の基本動詞]

2019/1/5

doの使い方 英会話の基本動詞

Do の基本イメージは「何かの作業」をしている動作です。

そして、その作業がどんな作業か前提がわかっていれば、多くの動詞を置き換える事が可能です。

例えば、掃除の事を話していて、私は「窓を拭く」とも言えますが、「窓をやるよ」と日本語でも言えるように、英語で I’ll do the windows と言えます。

つまり、作業であればdo 置き換える事ができる汎用性が高い動詞なのです。

 

目次

掃除・家事でのdo

掃除や家事をする事は日常的な作業なのでdoを多く用います。

 

do the laundry.

(洗濯をする。)

 

do the chores.

(家事をする。)

 

do the dishes.

(皿洗いをする。)

 

do the gardening.

(庭の手入れをする。)

 

cleanという言葉はdoに置き換える事が可能です。

 

clean the bathroom – do the bathroom.

(トイレ掃除をする。)

 

clean the windows.

(窓を洗う。)

身ごしらえでのdo

身ごしらえする上で、doに置き換えれる言葉があります。

しかし、全てが置き換えれるわけではないので気をつけましょう。

例えば、take a shower とか shaveはdoと置き換える事は出来ません。

 

do my nails.

(爪の手入れをする。)

 

doに置き換えれる表現

Set my hair – do my hair

(髪の毛を整える。)

 

Put on makeup – do my make up

(化粧をす。)

スポーツ・運動・芸術を表すdo

球技のスポーツは英語ではplayで表現します。

しかし、球技以外のスポーツはdoで表現します。

例えば、日本伝統格闘技、柔道、剣道、空手は全部doで表現します。

 

do Judo.

(柔道をする。)

 

do Kendo.

(剣道をする。)

 

do Karate.

(空手をする。)

 

do aerobics.

(エアロビクスをする。)

 

do yoga.

(ヨガをする。)

 

運動を表すdo

do sit-ups.

(腹筋をする。)

 

do push-ups.

(腕立てをする。)

 

do jump rope.

(縄跳びをする。)

 

do calisthenics.

(ラジオ体操をする。)

 

do cardio

(有酸素運動をする。)

 

do strength training.

(筋トレ)  *work outとも言える。

 

スポーツ以外に、芸術をdoで表す時もあります。

 

do a flower arrangement.
(生け花をする。)

do calligraphy.
(習字をする。)

do tea ceremony
(茶道をする。)

仕事と学問を表すdo

仕事を表すためにdoはとても役に立ちます。
例えば、人の職業を訪ねる時にWhat is your job?と聞くより、What do you do? と尋ねる方が自然です。


doが本来「作業をする」という意味があるので、What do you do? だけでも仕事のことだと理解されるのです。

自分の仕事を詳しく伝えたい時に [do + 職種]で伝えます。

do accounting.
(会計をする。)

do marketing.
(マーケティングをする。)

do sales.
(営業をする。)

do office work.
(事務をする。)

学校での作業もdoで表します。

do my homework.
(宿題をする。)

do a class project.
(クラスプロジェクトをする。)

do research.
(研究をする。)

何かの作業が上手に出来た時に用いるdo

何かを上手に出来た相手に褒める時にdoを使って褒めます。

例えば、You did well!とか、You did great! と言います。

自分から「頑張ります」と言いたい時にI’ll do my bestとよく訳されますが、実はこれは「頑張るけど、結果は保証できません」と言う意味合いになります。

I’ll do my best または、do your bestと言う時は気を付けましょう。

 

You are doing great!

(うまく出来てるよ!)

 

You did well.

(うまくやったね!)

 

Well done!

(よくやった!)

*お肉の焼き状態(よく焼けた)と言う意味でも使う。

 

doneの使い方

doneはdoの過去分詞です。do-did-doneです。

過去分詞は現在完了形と受け身の時に用います。

過去分詞は形容詞の様な働き方をする事が多いことも理解しておきましょう。

そのため、「済んだ」「終わった」と表現したい時にdoneを用います。

 

I haven’t done my homework yet.

(宿題をまだ済ませていません。)

 

I’m done with my work.

(仕事が終わった。)

 

The construction is done.

(工事は終わった。)

 

It’s almost done.

(あと少しで済みます。)

 

Get +目的語 + done

よく「やってしまう」、「片付けてしまう」と表現する時に用います。

I’ll finish it というより、I’ll get it doneと言った方が自然です。

 

I’ll get it done. (やっておきます。)

doの練習

日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習しましょう。

1. リビングを掃除機かけるので、寝室はやってくれない?

2 あと少しで終わるので、待っていて。

3. 今日50回腹筋をしました。

4.宿題まだ終わってない。ヤバイ。

5. よくやったね!

6. 仕事は会計をしています。

7. 私は小さい時から空手をしています。

8. 起きたばかりなので、今から髪をセットします。

 

答え

1. I’ll vacuum the living room so can you do the bedroom?

2. I’m almost done so can you hold on. 

3. I did 50 push-ups today. 

4. I haven’t done my homework.  That’s really bad. 

5. Well done! (You did well!)

6. I do accounting for my work. 

7. I’ve been doing Karate since I was little. 

8. I just woke up so I need to do my hair. 

 

 

他の基本動詞

英会話を始める時に、まず基本動詞の使い方を学び、日常を英語で話すことを練習しましょう。基本動詞と言われるものはたくさん有りますが、まずはhave, go, do, take make getを学びましょう。doを学んだら他の動詞も学びましょう。

👇

 

Have の使い方 5選 これで完璧! [英会話の基本動詞]

Get の意味・使い方 英会話初心者必見![基本動詞]

Goの使い方 10選 英会話に必須! [英会話の基本動詞]

takeの使い方 これ一つでこんなに使えちゃう![英会話の基本動詞]

Makeの使い方 英会話頻出フレーズを厳選![基本動詞]

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから