名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール (第21回: 最も使う比較級 [more – less / better – worse])

2019/2/9

比較級の中で最も使うフレーズがmore と better です。

many の比較級は more です。これは量を表すために使います。

good の比較級は better です。これは質を表すために使います。

moreは形容詞と副詞で用います。

形容詞的用法

I want more time. (もっと時間がほしい。)

I want more money.  (もっとお金がほしい。)

I want more clothes.  (もっと服がほしい。)

I want to see more movies. (もっと映画を見たい。)

I want to read more books. (もっと本を読みたい。)

副詞的用法

I want to drink more. (もっと(酒を)飲みたい。)

I want to sleep more. (もっと寝たい。)

I want to exercise more. (もっと運動をしたい。)

moreの反対語はlessで、「より少ない」という意味です。

I need to eat less.  (食べるのを減らさなければならない。)

I need to watch less TV. (テレビを見るのを減らさなければならない。)

better は主に形容詞として用います。

I want a better job. (もっといい仕事がほしい。)

I want a better car.  (もっといい車がほしい。)

I want a better cell phone. (もっといい携帯がほしい。)

I want to live in a better place.  (もっといい場所に住みたい。)

I want to *get better at English. (もっと英語が上手になりたい。)

I want to get a better score on my TOEIC. (TOEICでもっといいスコアがほしい。)

*get betterは役に立つフレーズ

get better は「よりいい」という意味で様々なシーンで用います。

例えば、体調が良くなっていると言いたい時に “I’m getting better” と言います。

スキルが上がっている時には “I’m getting better at golf” と言います。また、様々な状況が良くなっていると言いたい時に “The economy is getting better” (経済は良くなっている)と言います。

betterの反対語はworseで、「より悪い」という意味です。

My cold is getting worse. (風邪がより悪くなっている。)

The weather is getting worse.  (天候がより悪くなっている。)

Practice (練習)

Practice (練習)

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

比較級を使い文を完成させましょう。

1. もっと時間がほしい。

2. もっと映画を見たい。

3.もっといい携帯がほしい。

4. もっと英語が上手になりたい。

5. もっと寝たい。

6. 食べることを減らさなければ。

7. 天候がより悪くなっている。

Answers (答え)

1. I want more time.

2. I want to see more movies.

3. I want a better cell phone.

4. I want to *get better at English.

5. I want to sleep more.

6. I need to eat less. 

7. The weather is getting worse. 

Recording (音声)

↓↓↓↓↓↓↓↓



無料体験レッスンのお申し込みはこちらから