名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール。(第40回: 不定詞を使う表現)

2019/4/14

不定詞は英語の文に多く出てくるため、とても重要な文法ポイントです。不定詞は、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があります。

名詞的用法

「~すること」という意味で、名詞と同様に文の主語・補語・目的語になります。

不定詞が目的語として働いている文を紹介します。不定詞が目的語を取るかは動詞によって決まります。そして、それは未来志向のイメージを持っています。一方、動名詞には過去志向・事実志向のイメージがあります。以下の文章の動詞は不定詞を目的語としてとるものです。

I want to go abroad. 海外に行きたい。

I need to buy a new suitcase. 新しいスーツケースを買わなければいけない。

I decided to buy a new car. 新しい車を買うことに決めた。

We planned to go on vacation together. 一緒に休暇旅行に行くことを計画した。

We agreed to have a party on Saturday. 土曜日にパーティをすることを決めた。

I hope to see him someday. いつか、彼に会うことを願っている。

We have to remember to take our binoculars with us. 

双眼鏡を持っていくことを覚えておかなければならない。

名詞的用法が補語として用いられる文。

My plan is to get there at 7:00 am. 私の計画はそこに19:00に着くことです。

My job is to sell insurance. 私の仕事は保険を売ることです。

My wish is to see a wild bear. 私の願いは野生のクマを見ることです。

以下の文章もto不定詞は名詞的用法になります。ここでの文頭にあるitは形式主語と言い本当の主語はto不定詞の文になります。To study English is fun.  To study Englishが主語で、名詞になります。しかし、普通は、itを主語にして、不定詞を後に置きます。

It’s fun to study English. 英語を勉強することは楽しい。

It’s hard to get there. そこに行くことは難しい。

It’s easy to find. 見つけやすい。

形容詞的用法

不定詞は名詞を説明する形容詞の様に働きます。名詞のあとに置けば、名詞の補足情報になります。

Japan is a great place to eat good food. 日本は美味しい食べ物を食べる最高の場所です。

Would you like anything to eat? 何か食べるものはいかがですか?

I have a lot of things to do today. 今日はたくさんすることがある。

It was my first time to go there. そこに行くのは初めてでした。

I had a chance to try all kinds of food. 色々な種類の食べ物を試すことができました。

I have nothing to do today. 今日はやることが何もありません。

What’s the best way to get to Nagoya station? 名古屋駅に行く一番いい方法はなんですか。

副詞的用法

不定詞はある行動の目的を表すために使います。toのところを「~するために」と訳せます。

I visited a shrine to pray for good fortune. 幸運を祈るために神社に行きました。

I’m here to see Mr.Wane. ウェィンさんに会いにきました。

I study English to make friends. 友達を作るために英語を勉強しています。

英語では気持ちを最初に言い、その気持ちの原因をtoで述べます。

I’m surprised to see her. 彼女と会うことが驚きです。

I’m excited to see the world heritage.世界遺産を見ることにワクワクしています。

I’m glad to meet you. お会いできて嬉しいです。

I’m sorry to hear that. それは気の毒です。

Practice

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

●to の名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法を使い文を完成させましょう。

1. 海外に行きたい。

2. 私の仕事は保険を売ることです。

3. 今日はたくさんすることがある。

4. 名古屋駅に行く一番いい方法はなんですか?

5. ウェィンさんに会いにきました。

6. それは気の毒です。

 

Answer

1. I want to go abroad.

2. My job is to sell insurance.

3. I have a lot of things to do today.

4. What’s the best way to get to Nagoya station?

5. I’m here to see Mr.Wane.

6. I’m sorry to hear that.

Recording

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



無料体験レッスンのお申し込みはこちらから