名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

ネイティブ日記

テーマ:商品の英会話「ブラザープリンター」 (ネイティブによる英会話日記第151回12月19日)

2019/12/19

Thursday, November 18th.  “Brother at your side”

音声

This week a new printer was delivered to my school.  The old one was about to break so it was time to replace it with a new one. I used to use a Canon printer but I decided to get a Brother Printer this time.  I’m proud that I got a made in Aichi brand.  Actually, the real reason I got Brother this time is the performance.  

I used the old printer for 7 years so I hope I can use this one for that long too.  That’s why it needs to last.  In other words, it needs to be durable.  The other thing I was concerned about is the printing cost.  The ink cartridges are a killer.  They are really expensive.  I found out that Brother printers give you more print out per cartridge than other printers.  

Although Brother is not as famous as Canon or Epson, I decided to give it a try.  I guess I just have to wait and see if it really performs.  I’m keeping my fingers crossed. 

 

今日の単語

about to – ~する寸前

time to – する時期

I’m proud of – ~を誇りに思う

last – 保つ

durable – 丈夫

concerned – 気になる

killer – ヤバイ

not as famous as – ~ほど有名ではない

wait and see – 様子見です

keep my fingers crossed – 幸運を祈る

 

日記の訳

今週、新しいプリンターがオフィスに郵送されました。古いものが壊れる寸前だったので新しい物と取り替える時期でした。以前はキャノンプリンターを使っていました、しかし今回はブラザープリンターに決めました。愛知ブランドを買えて誇りに思います。実はブラザーを買った本当の理由はパフォーマンスです。

古いプリンターを7年間使ったので、今回の物もそれぐらい使えるといいです。だから長持ちする必要があります。つまり、丈夫であることです。もう1つ気になることは印刷代です。インクカートリッジはやばいです。本当に高いです。ブラザーのプリンターは1つのカートリッジから最も枚数が印刷できる事を知りました。

ブラザーはキャノンやエプソンのように有名ではありませんが、試してみることにしました。本当にいいかは様子見です。上手くいくといいです。

 

英会話のコツ

英会話を学ぶ上で、一緒に学ぶ人はとても大切です。モチベーションにもつながり、辛い時のサポートにもなります。英会話のクラスでクラスメートと仲良くなれたクラスは大概長く学習が続く傾向があります。生徒さんに合ったクラスをなるべく提供側も組みたいと思っています。

しかし、自分よりレベルが高い人がクラスに入ったから落ち込む必要は全くないと思います。どんな学びごとでも人と比べて上達したかどうかはあまり良くない判断基準だと思います。レベルが高い人がいたらそれは嬉しきこととして、その人から学ぶ姿勢を持つことがいいと思います。

相手に迷惑をかけてしまうと思うかもしれませんが、初心者と上級者の差でなければ、問題がありません。上級者の人は中級者の人との会話では迷惑をかけているとは思っていません。

上級者の人は最もネイティブに近い人です。つまり、上級者の人をネイティブがわりに練習させていただくのはどうでしょうか?

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから