名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

ネイティブ日記

英会話で名古屋について話す。 (英会話日記第173回3月10日)

2020/3/10

 

Tuesday, March 10th.  “Sakae reborn”

 

To tell you the truth, I like Sakae much better than Meieki.  While I was taking a walk today, I discovered something new.  It’s an artistic sign that says Nagoya, and at the back of it you can take a photo of two symbolic architecture of Nagoya; the TV tower and Oasis 21.  I didn’t know at all that they put this sign there.  I’m sure it’s to make Nagoya, particularly Sakae, more Instagrammable.

 As I took a picture, I realized a lot of new buildings are already half-completed along the old central park.  Sakae will definitely be reborn.  I hope a lot of people will come to Sakae.  

There was a building that was being demolished for half a year now.  It’s diagonally across from my school.  It bothered me a lot because it was making so much noise.  Now, it’s just an empty lot.  I wonder what they are going to build there.  It’s going to get noisy again once they start though. Give me a break! But, I guess there’s always a sacrifice you have to make if you want to change. 

 

日記の訳

正直なことを言うと名駅より栄の方が断然いいと思います。今日散歩をしていたら新しいものを発見しました。名古屋のアートサインです。その背景にはテレビ塔とオアシス(水の宇宙船)があります。そんなアートサインができたことを全く知りませんでした。もちろんそれは名古屋、特に栄をインスタ映えの為でしょう。

写真を撮っていると旧セントラルパーク沿いのビルが半分完成されていることを気づきました。栄は間違えなく生まれ変わります。たくさんの人が栄に来ることを期待しています。

半年かけてあるビルが解体されていました。そのビルはちょうど私の学校の斜め反対側にあるビルです。すごく音を立てていたので嫌でした。今はただの更地になっています。何かそこに立つのでしょう? また建設が始まればうるさくなります。いい加減にしてよ!しかし、変化を望むならいつも犠牲は付き物ですね。

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから