名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

「簡単」と「難しい」を英語で表現[これで表現力アップ!]

2021/1/26

「簡単」と「難しい」を英語で表現

まず基本単語では、「簡単」はeasyといい、「難しい」はdifficultと言います。

しかし、会話の中では「簡単」と 「難しい」は頻出単語です。

ぜひ他の単語を知り、会話で使ってみましょう!

「簡単」を英語で表現

It’s easy as ABC.  「ABCぐらい簡単」イメージは基本的なことなので簡単ということです。

It’s easy peasy.  「とっても簡単」*peasyに特に意味はありません。語呂の良さで着けています。子供がよく使います。

It’s a cinch.   「ちょろい」cinchは簡単な作業という意味です。

It’s a walk in the park.  「たやすいこと」イメージは散歩するように簡単です。

It’s a piece of cake. 「楽勝」すごくよく使うフレーズです。イメージはケーキを食べるぐらい簡単だということ。

It’s not rocket science.  「そんな難しいことではない」イメージはロケット科学のように難しいこと。

I can do it with my eyes shut. 「余裕だよ」目をつぶってでもできる。

「難しい」を英語で表現

It’s a challenge.  「手応えがあるからやり甲斐がある。」

It’s no easy task.  「簡単なことではない。」

It’s not so simple.  「シンプルなことではない。」

It’s tough.  「大変です。」

It’s tricky. 「扱いにくい。」

I can’t wrap my head around it.  「理解することが難しい。」

It’s demanding. 「過酷な、きつい」

まとめ

日本語でも「簡単」と「難しい」は様々な言い方があるように、英語でも色々な言い方があります。決してあまり使わない単語ではありません。会話の中で頻度多く出るものばかりです。自分が会話で使わなくても、知っていると理解に繋がります。

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから