名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

テーマ:My Favorite Cafe

2017/4/2

 

ストーリー(型)の練習法

  1. ストーリーを読み、理解する。
  2. ボールドになっているところが文法と語彙の学習ポイント。 
  3. ストーリーの下に文法と語彙の解説が記載されているので確認。
  4. ストーリーのヒントだけが書いてあるものを見ながら(Graph 1を参照)、型を練習する。最初はゆっくりしたスピードで。
  5. 徐々にスピードを上げて、流暢に言えるまで繰り返して練習。(生徒動画1を参照)
  6. 型を参考に自分のストーリーを作る。そして、ヒントだけを書いたものを作る。(Graph2を参照)
  7. ヒントを見ながら、自分が流暢に言えるまで練習を繰り返す。(生徒動画2を参照)

 

What’s your favorite cafe?

I often go to Starbucks because it’s close and it has good coffee.  I can also work and study there.  I can spend a lot time there so it’s good for me.  Actually, I was there yesterday.  I had a delicious cake and I read a book.  It was nice to read there.  I’ll probably go there again this week.

 

文法と語彙の解説

場所を説明する3原則

場所を説明する時にはいつでも、 [It is+形容詞]、[It has+名詞]、[主語+can+動詞] の

3パターンが役に立ちます。

●[It is+形容詞]を使うのは、その特徴をそのまま表したいときです。また、主語と補語

がイコールになるのも特徴の一つです。例えば、レストラン=「大きい」、

レストラン=「安い」、レストラン=「行きやすい」です。 “It’s close”

●[It has+名詞]を使うのは、その特徴の一部を表現するときで、主語と補語がイコール

にはなりません。レストラン≠「魚料理」レストラン≠「個室」。レストランにはそれら

が「ある」と訳すものです。 “It has good coffee”

●[主語+can+動詞]を使うときは動詞を持ってくる文なので、「~ができる」と訳しま

す。例えば、「レストランではパーティーができる」とか 「レストランでは長居でき

る」です。この三つの文法を使うことで場所の全体を説明できます。 “You can work there”

「ちょうどぴったりの~」を表現

商品が自分のニーズに合っていることを表現する時に使うフレーズです。サイズ、値段

色、デザイン、品質が自分にピッタリだと表現する場合、 “It’s just right for me” です。

一方、自分に合わない場合は right を wrong に変えるだけで表現できます。

It’s just right for me. ⇄ It’s wrong for me. *just はwrongの前に付けられません。

[It’s +形容詞+to do]をマスターしよう。

これは会話で頻出するフレーズです。まず形容詞を使って、「それは〜だよ」= [It’s 形容詞]と表現したあと、「〜することは」= [to+原形動詞]で、その気持ちの根拠となっている行為や状態を表します。例えば:It is 楽しい=It is fun. これだけでは、何が楽しいか分かりにくいので「何をする」ことが楽しいかを不定詞=(to study English)で表現します。

It’s fun to study English 「英語を勉強する事は楽しい」

直訳すると「それは〜だよ、〜することは」という意味になります。「気持ち」→「行為」

Willの程度

Willはその場で決めている未来の計画ですが、どの程度確実な予定なのかを表す表現を使い分けましょう。 I’ll probably go there next week. 

I’ll (definitely)… ~する(100%)   I’ll probably… ~ほぼ確実にする(80%)

I might… ~するかもしれない(50%)I won’t… ~しない(0%)

 

Graph1 

生徒動画1

生徒動画 1  型を練習

 

Graph2

 

生徒動画2

生徒動画2 自分のストーリー

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから