名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

「〜をすることができた」を英語で表現

2017/5/31

[vc_row][vc_column][vc_column_text]

be able to / couldの使い分けい

[/vc_column_text][vc_column_text]be able to / could を日本語に訳すと「〜をできた」になります。しかし英語では、これが使い分けされます。could は昔あった能力に対して「〜をできた」という意味になります。

I could play the piano when I was 10 years old. 10歳の時にピアノを弾けた。

be able to は「一回だけ〜できた」と表現したい場合に用います。

I was able to see and do many things.[/vc_column_text][vc_text_separator title=”Practice (練習)”][vc_column_text]

練習するということは、知識をスキルに変えるとことです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

●ハワイに旅行に行き以下のことができたと想像しましょう。”be able to” を使って文を完成させましょう。

  1. 素晴らしいホテルに滞在できた。
  2. 美味しい食事ができた。
  3. 泳ぎに行けた。
  4. とてもいい日焼けができた。
  5. 家族と時間が過ごせた。
  6. 美しい夕焼けが見えた。

 

[/vc_column_text][vc_text_separator title=”Answer (答え)”][vc_column_text]

  1. I was able to stay at a terrific hotel.
  2. I was able to have delicious meals.
  3. I was able to go swimming.
  4. I was able to get a nice tan.
  5. I was able to spend time with my family.
  6. I was able to see a beautiful sunset.

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから