名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

Almost [副詞]の使い方

2019/4/17

Almost の誤解

多くの生徒さんは、almostは「ほとんど」という意味だと、誤解しています。

これは、学校での教え方が間違っていたに違いありません。

almostは、「あと少しで、もう少しで、ほぼ」という意味です。

「ほとんど」と表現したい場合は、mostを用います。

しかし、almost alwaysというフレーズにすると「もう少しで毎回、ほぼ毎回」という意味になり、

意訳して「たいてい、ほとんど」として使われます。

 

I almost always play baseball after school.

(僕は放課後にはたいてい野球をする。)

 

He is almost always at home.

(彼はほぼいつも家にいる。)

 

I’m almost there.

(あと少しで着きます。)

 

I’m almost 45 years old.

(もうすぐ45歳になります。)

 

It’s almost noon.

(あと少しで12時です。)

 

「〜そうだった」もalmostで表現

「忘れそうだった」とか「転びそうだった」と表現したい場合もalmostを用います。

「~そうだった」ということは「もう少しで、その様な結果になるところだった」ということなので、almostが適した表現になります。

 

I almost fell.

(転びそうだった。)

 

I almost forgot.

(忘れそうだった。)

 

I almost got in an accident.

(事故りそうだった。)

 

「おしい!」もalmost で表現

「おしい」という意味も「あと少しで」という意味なのでalmostが適した表現になります。

 

Almost! Your answer is 90% correct.

(おしいね!あなたの答えは9割あってるよ。)

 

「おしい」はcloseという言葉でも表現できます。しかし、closeは「危なかった」という意味でも用いられます。

You almost passed the test.  You were so close.

(もう少しでテストに合格したね。惜しかったね。)

 

I almost got in an accident. That was close.

(もう少しで事故るところだったね。危なかった。)

almost の練習

「おしい」という意味も「あと少しで」という意味なのでalmostが適した表現になります。

Almost! Your answer is 90% correct. おしいね!あなたの答えは9割あってるよ。

「おしい」はcloseという言葉でも表現できます。

しかし、closeは「危なかった」という意味でも用いられます。

 

You almost passed the test.  You were so close.

(もう少しでテストに合格したね。惜しかったね。)

 

I almost got in an accident. That was close.

(もう少しで事故るところだったね。危なかった。)

Almost の練習

 

●Almostを使って文を完成させましょう。

1. 今向かっています。あと少しで着きます。

2. 私は40歳手前です。

3. おっと、転びそうだった。気をつけないと。

4. 海外の電車はたいてい遅れる。

5. 彼女はほとんど家にいない。

6. おしい!9割正解だよ。

 

 

1. I’m on my way now.  I’m almost there.

2. I’m almost 40 years old. 

3. Wow, I almost fell.  I have to be careful.

4. Trains abroad are almost always late.

5. She is almost never home.

6. Almost!  Your answer is 90% correct.

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから