名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

オブストラクション・オブ・ジャスティスとは? (トランプの英語) 

2017/6/19

[vc_row][vc_column][vc_column_text]

Obstruction of Justice とは

2016年の選挙結果に影響を与える、ロシアによるサイバー攻撃は間違いなくあったとコーミー氏は証言しました。しかし、それがトランプ氏とロシアが共謀 (collusion)したかは今のところ明かされていません。面白いことに、コーミー氏の証言によると実はFBIはトランプ氏を捜査対象にしていなかったことです。捜査の対象になっているのはフリン前大統領補佐官とトランプ氏の側近のみでした。

コーミー氏を解任したことによって、トランプ氏は今ロシア疑惑より大きな問題を抱えることになりました。それはオブストラクション・オブ・ジャスティス(司法妨害)の問題です。トランプ氏が疑われている司法妨害とはFBIの捜査に介入しようとしたり、他の局長に「トランプ陣営にはロシアとの関係は一切ない」と言わせようとしたという疑惑です。

FBIはトランプ氏の本格的な捜査に乗り出したのです。ロバートマラーが率いるAll-star legal team(オールスター弁護団)が集結されたとVOXというニュースサイトに記載されています。

Meet the all-star legal team who may take down Trump.

(トランプを倒すかもしれないオールスター弁護団を紹介しよう。)

トランプ氏もこれにはやばいと思っているに違いません。

ツイッターが彼のはけ口なんでしょう。こう言っています。

They made up a phony collusion with the Russians story, found zero proof, so now they go for obstruction of justice on the phony story. Nice

 

(全く証拠が見つからないロシアとの共謀話をでっち上げ、次は嘘っぱち司法妨害かよ。いいね。)

彼の好きな言葉はfake(でっち上げ)です。皆さんも彼が “fake news” と言っているのを聞いたことがあると思います。同じ意味でphony(いんちき)をここで使っています。

彼の話し方は最後に強烈な言葉が一言入ります。ここではNice。皮肉な言葉として使われ、意訳すると「あきれるわ」「やってくれるね〜」という感じでしょうか。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから