名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

日常英会話が確実に上達する101の英語文法ルール (第63回: [All of…/ Some of …/Most of…]の使い方)

2019/4/28

All of…., Most of…, Some of …..

人、物、数量などを指すための言葉を練習します。この表現は漠然としているところがあり、例えば、all、most、some と言ってもそれは具体的な数は示していません。

[All of + (the/my)+名詞] 「すべて」

[Most of + (the/my)+名詞] 「大抵」

[Some of + (the/my)+名詞] 「いくつか」

[None of + (the/my)+名詞] 「どれも~ない」

All of the students were happy. (全生徒はハッピーだった。)

Most of my books are novels. (私のほとんどの本は小説です。)

Some of my friends are single. (何人かの友達はシングルです。)

None of the information is useful. (どの情報も役に立たないものです。)

もし、一般的なことを表現したい場合表現を少し変えなければいけません。 “of + (the/my)”をとることによって世間一般の話になります。 “of + (the/my)”を入れると特定した人、物の話になります。

All children「すべて」

Most people「大抵」

Some cities「いくつか」

No human 「誰一人〜ない」

All children like to play games. (すべての子どもはゲームが好きです。)

Most people don’t like cockroaches. (ほとんどの人がゴキブリを嫌います。)

Some cities are dangerous. (いくつかの街は危ないです。)

No human has been to Mars. (誰ひとり火星に行ったことがありません。)

Practice (練習)

練習するということは、知識をスキルに変えることです。「こうやって言うんだ」で終わらせては英語は話せるようになりません。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

● all, most, some, none, noを使い文を完成させましょう。

1. 全生徒はハッピーだった。

2. 私のほとんどの本は小説です。

3. 何人かの友達はシングルです。

4. どの情報も役に立たないものです。

5. すべての子どもはゲームが好きです。

6. ほとんどの人がゴキブリを嫌います。

7. いくつかの街は危ないです。

8. 誰ひとり火星に行ったことがありません。

Answers (答え)

1. All of the students were happy.

2. Most of my books are novels.

3. Some of my friends are single.

4. None of the information is useful.

5. All children like to play games.

6. Most people don’t like cockroaches.

7. Some cities are dangerous.

8. No human has been to Mars.

Recording (音声)



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから