名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

It’s を使った英会話の頻出フレーズ! ちょう便利!

2019/1/15

目次

It's 英会話フレーズ

It’s フレーズは英会話では超頻出フレーズです。

It’s フレーズには大きく分けると2つの使い方があります。

1つは形式主語のItともう1つは代名詞としてのItです。

形式主語のitは日付、曜日、時間、天気、距離を表します。

代名詞としてのItは前の文に出てきた物や事柄を指します。

形式主語のIt

日付、曜日

What date is it? (今日は何日ですか?)

It’s June 5th today. (今日は6月5日です。)

What day is it? (今日は何曜日ですか?)

It’s Sunday. (今日は日曜日です。)

 

時間

What time is it? (いま何時ですか?)

It’s 4:00 pm now. (4時です。)

It’s quarter to noon. (11:45分です。)

 

天気

It’s sunny today. (晴れです。)

It’s rainy today. (雨です。)

It’s cloudy today. (曇りです。)

It’s snowy today. (雪です。)

It’s windy today. (風が強いです。)

It’s stormy today. (嵐です。)

 

距離

It’s 5 kilometers from my house to the station. (駅から家は5キロです。)

It take 20 minutes. (20分かかります。)

It’s far from here. (ここから遠いです。)

代名詞のIt.

感情を表すIt's~フレーズ

It’s fun. (楽しい。)

It’s impressive. (それは凄い。)

It’s a waste (of time/money) [時間 / お金の] (無駄。)

It’s a pain in the neck. (めんどくさい。)

It’s useful. (役に立つ。)

It’s scary. (怖いね。)

It’s amazing/fabulous/remarkable (素晴らしいね。)

It’s shady. (怪しい。)

It’s nothing. (大したことないよ。)

It’s news to me. (初耳だ。)

It’s hard/tough. (大変だ、厳しい、難しい。)

It’s a piece of cake. (朝飯前だよ。超簡単。)

It’s flexible. (融通がきくよ。)

It’s a good idea. (いい考えだね。)

It’s nice of you. (親切にありがとう。)

It’s undecided. (決まってない。)

It’s uncertain. (確かではない。)

It’s a headache. (悩む。=悩みの種。)

It’s hard to decide. (悩む、迷う。=決められない。)

It’s hard to say. (言いにくい。話しにくい。)

It’s gross/disgusting. (キモイ。)

It’s none of your business. (貴方には関係ないでしょ。)

It’s out of the question! (あり得ない!)

It’s over! ((永遠に) 終わりよ!)

It’s done. (終わったよ。)

It’s a long story. (色々あってね。)

It’s weird. (変なの。)

It’s unreal. (ありえない。)

It’s comfortable. (心地いい。)

It’s dangerous. (危ない。)

物に対して使えるIt’s ~フレーズ

It’s cute! (カワイイ!)

It’s cool! (カッコイイ!)

It’s awesome! (いけてる!最高!)

It’s a good deal. (お値打ちだね。)

It’s affordable (お手頃だ。)

It’s just right. (ピッタリだ。)

It’s too expensive. (高すぎる。)

It’s cheap. (安い。)

It’s loud/flashy (派手だね。)

It’s cheesy / corny / tacky. (安っぽい、ダサイ、本物では無い。)

It’s new. (新品だ。)

It’s used. (使われている。)

場所に対して使えるIt’s~フレーズ

It’s spacious. (ひろ~い。) (X-wide=幅)

It’s crowded. (混んでいる。)

It’s convenient. (便利だ。)

It’s far ↔︎ close. (遠い↔︎近い)

It’s not crowded. (空いている。)

It’s safe. (治安がいい。安全。)(X-It’s safety)

It’s breathtaking. (息を呑むほどだね。)

It’s quiet and peaceful. (穏やかだね。癒される。)

It’s lively. (賑やかだね。)

It’s cozy. (小さくて、居心地がいいね。)

It’s luxurious. (豪華だね。)

It’s too fancy for me. (私には高級過ぎる。)

It’s shabby. (貧乏くさい、みすぼらしい。)

頻出度が高い他の形容詞

It’s important. (大切だ。)

It’s impossible/possible. (不可能だ・可能だ。)

It’s difficult. (難しい。)

It’s different. (違う。)

It’s similar. (似ている。)

It’s the same. (同じだ。)

It’s available. (利用可能だ。)

It’s necessary. (必要だ。)

It’s useful. (役に立つ。)

It’s true. (本当だ。)

It’s pointless (無意味。)

It’s meaningful ↔︎ meaningless (意味ある↔︎意味ない)

[It’s +形容詞+to do]をマスターしよう。

これは形式主語の1つです。

あまり、形式主語という文法用語に捉われず、文の形を覚えましょう。

まず形容詞を使って、「それは~だよ」= [It’s 形容詞]と表現したあと、「~することは」= [to+原形動詞]で、その気持ちの根拠となっている行為や状態を表します。

例えば:It is 楽しい=It is fun。

これだけでは、何が楽しいか分かりにくいので「何をする」ことが楽しいかを不定詞=(to study English)で表現します。

It’s fun to study English 「英語を勉強する事は楽しい」

直訳すると「それは~だよ、~することは」という意味になります。

「気持ち」→「行為」

今まで、気持ちを後に言っていたかもしれません。I study English.  It’s fun. 

「行為」→「気持ち」しかし、[It’s +形容詞+to do] を使えば自分お気持ちを前に持って来ることができます。とてもよく使われる表現方なので使いこなせるようにしましょう。

 

It’s comfortable to stay at a hotel. 

(ホテルに滞在することは心地い。)

It’s super fun to travel with close friends.  

(仲のいい友達と旅行することはめっちゃ楽しい。)

It’s not so fun to be on the plane for a long time. 

(長い間飛行機に乗ることは楽しくない。)

It’s expensive to fly business class. 

(ビジネスクラスで飛ぶのは高い。)

It’s heavy to carry a big suitcase.

(パスポートを常に持っていることは大切だ。)

 It’s useful to have a portable battery charger when your battery dies. 

(充電がなくなった場合、モバイル充電器を持っていると便利だ。)

「自分にとって」の表現 = ~for me

[It’s 形容詞+to do] のフレーズに for me を付け加えると「私にとっては、個人的な意見では」という意味が強調できます。

 

It’s important for me to exercise every day. (私にとって毎日運動することは大切です。)

It’s hard for me to learn new words. (新しい単語を学ぶことは私にとって大変だ。)

形容詞の働きをする分詞

分詞の中には現在分詞(~ing)と過去分詞(~ed)があります。英会話でよくIt’s ~ing表現と I’m ~ed表現が使われます。

ここで、分詞の~ingなのか、~edなのかを使うのに悩んだことはありませんか?文法書を見ると現在分詞 ~ingは「~している」と過去分詞~edは「~された/~されている」と書かれていますが、なんとなく使い方が分かりにくく感じます。

私はいつも、It’s ~ingは「主語の特徴」を表していて、I’m ~edは「主語の内面の気持」を表していると行っています。

 

It’s amazing (それは素晴らしい。)

I’m amazed (私は素晴らしいと感じた。)

It’s boring. (それは退屈だ。)

I’m bored. (私は退屈だと感じた。)

 

*詳しくは形容詞の働きをする分詞の記事を参照

It's フレーズの練習

日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

 

  • It’s [形容詞 / 名詞] It’s [形容詞 / 名詞] to 不定詞を使い文を完成させましょう。

1. 読み易い。

2. 空いている。

3. それは凄い。

4. お値打ちだね。

5. 面倒だ。

6. 英語を勉強することは楽しい。

7. 本当だ。

8. 悩む。決められない

9. パスワードを覚えておくことは大切です。

10. 私には高級過ぎる。

 

答え

1. It’s easy to read. 

2. It’s not crowded. 

3. It’s impressive.

4.  It’s a good deal. 

5. It’s a pain in the neck.

6. It’s fun to study English.

7. It’s true.

8. It’ hard to decide. 

9. It’s important to remember your password. 

10. It’s too fancy for me. 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから