名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

~未来形~ 英語で予定、意思、予測を表す。[be going to と will の違い]

2019/3/16

未来形で予定、意思、予測を表す

英語で未来を表す方法は4つあります。

1. Be going to..

2. Will

3. 進行形

4. 現在形

 

中学英語では未来形は区別をしずに学んでいると思います。

例えば、will と be going to が同じだと学んだかもしれません。

しかし、違いがあるので使い分けをした方が自然な英語になります。

 

be going to VS will [未来の予定と意思]

まず、be going to と willの違いを説明していきます。

Be going to は会話の前に決めてあった予定を表します。

Will は会話中に決めたことを表します。

例えば、「今週何をする?」と聞かれたら、

 

I’m going to see a movie with a friend. 

(友達と映画を観に行く)  [以前から予定していたこと]

 

Ummmm, I think I’ll stay home.

え~っと、家にいると思う。 [その場で決めたこと]

 

be going toは決まっている予定を表し、willは自分がその場で決めた意思を表します。

 

 

Be going to の例

I’m going to study abroad next year.

(来年留学します。)

 

I’m going to go shopping this weekend.

(今週末買い物に行きます。)

 

I’m going to take the TOEIC test next month.

(来月TOEICを受けます。)

 

will の例

I’ll get it. 

([電話が鳴ったら] 私がでます。)

 

I’ll have a sandwich.

(サンドイッチをください。)

 

I’ll see you soon!

(また会おうね!)

 

 

Willで表す「自分の意思」をより正確に表現

これからすることについて、どの程度確実な予定なのか表す表現を使い分けましょう。

 

I’ll definitely… ~する(100%)

I’ll probably… ~ほぼ確実にする(80%)

I might… ~するかもしれない(50%)

I won’t… ~しない(0%)

 

I’ll definitely be there.

(必ず行くよ。)

 

I’ll probably see a movie. 

(多分映画を見に行くよ。)

 

I might go drinking with my friends. 

(友達と飲みに行くかもしれません。)

 

I won’t see him tomorrow. 

(明日は、彼とは会いません。)

be going to VS will [未来の予測を表現]

未来の予測を表すのにまた be going to と willが使われます。

しかし、大きな違いはありません。

 

be going toの例

be going to は現在の状況から強い予感を表します。

 

It’s already 2:50!  We’re going to be late!

(もう14:50だよ。遅れるよ!)

 

There’s only 1 minute left in the game.  Grampus is going to win tonight. 

(この試合の残り時間は後1分。グランパスが優勝します。)

 

I did terrible on the test.  I’m going to fail. 

(テスト最悪です。不合格になります。)

 

Willの例

will は確実な根拠はないが、「~だろう」という予測です。

 

I think he’ll get here soon.

(彼はもうすぐ来るだろう。)

 

I hope she’ll like my present.

(私のプレゼント喜んでもらえるといいな。)

 

It’ll probably take 10 more minutes.

(後10分ほどかかります。)

 

未来を表す進行形

進行形は普段、現在進行形 (今起きている事)を表すものとして用います。しかし、未来を表すものとしても使われます。

進行形を使った未来の表現は「…することになっている」という意味で使われ、be going to の予定を表す表現と似ています。

 

What are you doing tonight?

(今晩何するの?)

 

I’m having dinner with my family.

(家族と一緒に夕食します。)

 

I’m seeing her tomorrow.

(彼女に明日会います。)

未来を表す現在形

これは追加情報ですが、現在形も未来を表すのに用います。それは、交通機関や映画の時刻表を表すときです。

個人の予定は進行形を用い、時刻表を現在形と覚えておきましょう。

 

The movie starts at 8:00 pm.

(映画は8時に始まります。)

 

The flight arrives at 7:30 am.

(飛行機は7:30に到着します。)

 

What time does the plane depart?

(飛行機は何時に出ますか?)

未来形を使い文を完成させましょう。

1. 来週、友達と会う。(予定)

2. また明日ね。

3. 今晩何するの? (予定)

4. 今晩は、多分カレーにしようかな。

5. 今日は暑くなるだろう。

6. 明日、TOEICテストを受けます。 (予定)

7. 電車は20:25にでます。

8. 僕が電話をでます!

9. 彼は多分来ないでしょう。

10.明日来れないかも。

 

答え

1. I’m going to see my friend next week. (I’m seeing my friend next week)

2. I’ll see you tomorrow.

3. What are you doing tomorrow? (What re you going to do tomorrow?)

4. I’ll probably cook curry tonight. 

5. It’ll be hot tomorrow.

6. I’m going to take the test tomorrow. (I’m taking the test tomorrow.)

7. The train leaves at 8:25 pm. 

8. I’ll get it. 

9. He probably won’t come. 

10. I might not be able to come tomorrow. 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから