名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

-ly副詞の使い方

2019/4/17

-ly副詞の使い方

副詞は動詞を詳しく説明するために使う言葉のことです。

例えば「走る」をより詳しく説明するには「速く」という副詞を使うことができます。

英語における副詞は、形容詞に-lyの語尾をつけることによって副詞に変えられものが多いです。

 

(例)形容詞:safe の副詞:safely

 

頻度多く用いる副詞

carefully / safely / easily / comfortably / cheaply / quickly / badly / perfectly / seriously / slowly / fluently / clearly

 

My knee hurts badly.

(膝がひどく傷んだ。)

 

I will try to do it more perfectly.

(もっとしっかりとやってみます。)

 

He fixed my P.C. easily.

(彼は簡単にP.C.を直した。)

 

Please drive here safely.

(安全に運転してください。)

 

I was able to travel comfortably in first class. 

(心地よくファーストクラスで旅行ができた。)

 

Children grow quickly. 

(子供は早く成長する。)

 

He spoke slowly.

(彼はゆっくり話した。)

 

He spoke Chinese fluently.

(彼は中国語を流暢に話した。)

 

I can see the stars clearly.

(星が綺麗に見えた)

 

-lyがつかない副詞

形容詞が副詞の形をとる中では-ly がつかないものもあります。

代表的なものは、hard, fast, late, *well  (wellの形容詞はgoodです。言葉が全く違うものに変わります。)

She tried hard to get a job.

(彼女は仕事を取るのに一生懸命努力した。)

 

He ran fast.

(彼は早く走った。)

 

I got up late.

(私は遅く起きた。)

 

She speaks English well.

(彼女は上手く英語を話します。)

more + 副詞

比較級を使ってly副詞が修飾される文もあります。 [more + 副詞] で表現できます。

 

I can buy things more cheaply at that store. 

(あの店ではより安く買えます。)

 

You need to drive more carefully.

(もっと気をつけて運転してください。)

副詞の場所は後ろ

副詞の場所は動詞の前でもいいですが、普段後ろに来ます。

My friend was seriously injured.

(友達は深刻な怪我をした。)

 

My friend was injured seriously.

(友達は深刻な怪我をした。)

-ly副詞 練習

●-ly副詞を使い文を完成させましょう。

1. 膝がひどく傷んだ。

2. 彼は簡単にP.C.を直した。

3. 心地よくファーストクラスで旅行ができた。

4. 彼女は仕事を取るのに一生懸命努力した。

5. 彼は早く走った。

6. あの店ではより安く買えます。

7. 彼は中国語を流暢に話した。

 

1. My knee hurts badly.

2. He fixed my P.C. easily.

3. I was able to travel comfortably in first class. 

4. She tried hard to get a job.

5. He ran fast.

6. I can buy things more cheaply at that store.

7. He spoke Chinese fluently.



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから