名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

疑問文 [英会話で役立つ質問]

2019/4/28

目次

疑問文 [英会話で役立つ質問]

英会話で質問ができることはとても大切なスキルです。状況に応じて適切な疑問文を聞けると、会話を円滑に運ぶことができます。現在形、過去形、未来形、の疑問文を一つ一つ練習し、「瞬発力」を身につけておきましょう。

yes/no 疑問文

疑問文と分類するとyes/no疑問文とwh疑問文があります。まずはyes/no質問から練習をしましょう。yes/no質問の方が会話の始まりに適しています。その理由はyes/no質問の性質にあります。例えば、「いい週末でしたか?」とか、「この前の旅行よかった?」と軽い質問から会話が始まります。一方、Wh質問はより具体的な事を聞く性質の質問なので、話が深まった時に使いましょう。例えば、「週末、どこに行ったの?」とか「誰と一緒に行ったの?」です。まず英会話の始まりはanythingとかanywhereを使った質問から始まります。

anything? anywhere? を使ったyes/no疑問文

英会話でまずよく使う疑問形はanythingとanywhereを用います。過去形、現在形、未来形で聞けるように練習をしましょう。

Did you do anything (during / over) the weekend? 

(週末の間何かした?)

 

Did you go anywhere (during / over) the weekend?

(週末の間どこか行った?)

 

Do you (usually) do anything on the weekend? 

((普段)週末何かしていますか?)

 

Do you (usually) go anywhere on the weekend? 

((普段)週末どこか行きますか?)

 

Are you doing anything (this / next) weekend? 

((今週/来週)することある?)*

 

Are you going anywhere (this / next) weekend?

((今週/来週)行く場所ある?)*

未来形は進行形の聞き方と未来形の聞き方があります。どちらで聞いても同じです。

 

答え方

英会話ではよく上記の質問で会話を始めます。相手の答え方はこの様に想定できます。

過去形

Yeah, I went out with my friends.

(はい、友達と遊びに行きました。)

 

Nah, I didn’t go anywhere.

(いや、どっこも行きませんでした。)

 

現在形

Well, I usually stay home and take it easy.

(え~っと、普段家にいます、気楽にしてます)

 

I guess, I don’t do anything.

(まあ~何にもしていません。)

 

I often go shopping.

(普段買い物に行きます。)

 

未来形

Well, I’ll probably go shopping.

(え~と、たぶん買い物に行きます。)

 

Yes, I’m going to have a BBQ.

(はい、BBQをします。)

 

Nope, I’m not doing anything.

(いいえ、何にもしていません。)

Be動詞の疑問文で感情を尋ねよう。

相手が答えた後によく来る質問が、be動詞による感情を聞く質問です。

注意点は未来形では相手の感情を尋ねる事は出来ません。

なぜならば、未来の事は未経験だからです。過去形と現在形だけに当てはまります。

質問を聞くときに、主語がItなのかyouなのかを意識して聞きましょう。

なぜならば、形容詞(~ing形か~ed形)が主語によって変わるからです。

例えば、It の場合にはingで終わる形容詞を用います。

しかし、Youの場合はedで終わる形容詞を用います。

 

~ing ~ed

Was it tiring? Were you tired?

Was it exciting? Were you excited?

 

主語がItの場合

Was it fun?

(楽しかった?)

Was it interesting?

(面白かった?)

Was it amazing?

(素晴らしかった?)

Was it hard?

(大変だった?)

Is it good?

(良かった?)

Is it exciting?

(テンション上がった?)

 

主語がyouの場合

Were you worried?

(心配だった?)

Were you scared?

(怖かった?)

Were you excited?

(テンション上がった?)

Are you tired?

(疲れた?)

Are you interested?

(興味をそそった?)

funとhardは間違い易い

形容詞で感情を聞く時に間違い易い言葉があります。

それはfunとhardです。

funは楽しいという意味ですが、

Are you fun?-✖︎と聞くと「あなたは楽しい人ですか?」という意味になります。

正しいのは “Is it fun?”-⭕️ 「楽しいですか?」

また、hardもAre you hard?-✖︎とは聞きません。

Is it hard? -⭕️「大変でしたか?」と聞きます。 

*主語がYouで「楽しいですか?」と聞きたい場合、”Are you having fun” と聞きます。

[Have +名詞句]で感情を尋ねる

[Have +名詞句]で感情を尋ねることもできます。

 

Do you have a good time?

(楽しんでいますか?)

 

Did you have a great experience?

(いい経験でしたか?)

 

Are you having a terrific day?

(素晴らしい1日を過ごしていますか?)

 

Are you having fun?

(今、楽しんでいますか?)

Howで感情を尋ねる

Be 動詞を使ったyes/no質問で感情を表現する事を説明しましたが、

Howを使った言い方もあります。シンプルにHow (is/was) it? と聞きます。

 

How was the trip?

(旅行はどうだった?)

 

How was dinner?

(夕食はどうでしたか?)

Wh-質問 より具体的に聞き出す。

話が盛り上がってきたら、相手からより具体的な質問を聞き出していきましょう。

それはWh-質問によって可能になります。

Wh 質問は基本的に5つあります。

[what, when, where, why, how]です。

特に注目するのはwhat質問とhow質問です。

what質問は[What +名詞]と言う形があります。

[What … like?] と言う形もあります。

How 質問は、[How+形容詞] 、[How long…]  、[How often…]、があります。

Whyは、[How come…] といった言い方もあるので、

別の言い方にも慣れておきましょう。

whereやwhenはそのままで用います。

これからWhを1つ人つ説明をしていきます。

 

[What +名詞]「どんな~?」

[What + 名詞]は「どんな~」と質問したい時に用います。

例えば、「どんな映画が好きですか?」What movie do you like?

「どんな種類の~」と聞きたい時にはkind of を使います。 What kind of movie do you like?

例文

I want to see a movie.

Q. What kind of movie do you want to see?

(どんな種類の映画を見たいですか?)

 

I like sports.

Q. What kind of movie do you like?

(どんなタイプのスポーツが好きですか?)

 

I got new clothes.

Q. What brand is it?

(どのブランドですか?)

 

I got a new car.

Q. What color is your new car?

(あなたの新車は何色ですか?)

 

I went to class today.

Q. What time did you go?

(何時に行きましたか?)

 

which と whatの使い分け

選択肢が2~3の場合whichが使われ、それ以上の場合whatを用います。

 

Which way should we go?  Left or right?

(どちらの方向に行った方がいいですか?左か右?)

 

Which color do you like? Black or blue?

(どちらの色が好きですか?黒か青か?)

What ….like?  「それはどんな感じですか?」

ここでのlikeは動詞ではなくて、形容詞の「~の様な」likeです。

What’s your husband like?

(旦那さんはどんな感じの人ですか?)

 

What’s your new car like?

(あなたの新しい車はどんな感じですか?)

 

What’s the weather like in Nagoya?

(名古屋の天候はどんな感じですか?)

How の疑問文

How は状態と方法を聞くのに最も適している疑問文です。

それに加えて時間の長さ (何年、何ヶ月、何週間、何日)と頻度を聞くこともできます。

 

●[How + be動詞 + 名詞]で状態を聞く。

この質問はyes/no質問のように会話の最初にくる質問として用いられます。

How was the movie? 

(映画はどうだった?)

 

How’s your mother? 

(お母さんはどう?=お母さんは元気?)

 

●[How + 動詞]で方法を聞く。

How can I get to the station?

  (どうやって駅に行けますか?)

 

How do you use this?

(どうやってこれを使うのですか?)

[How long…] で何年、何ヶ月、何週、何日。

Q. How long have you lived here?

A. I’ve lived here for 10 years.

 

Q. How long do you study every day?

A. I study an hour every day. 

 

普段、何年、何ヶ月、何週、何日と聞く時に、

How many years, How many months, How many weeks, How many daysと聞く必要がありません。

How long で聞くことによって知りたい期間が答えとして返って来ます。

[How often…] で頻度を聞く。

How often は頻度を聞く質問です。頻度を聞かれたら、週1回 (once a week)、週2回 (twice a week)と答えましょう。週(week)を月(month)、年(year)と変える事ができます。

Q. How often do you take lessons? (どれぐらいよくレッスンを受講していますか?)

A. I take lessons once a week. (週一でレッスンを受講しています。)

Whyの疑問文

Whyは「なぜ」と言う意味で、原因を聞き出す時に用います。

しかし、日本語でもカジュアルに「どうして」と聞き方があるように、英語で “How come?” がよく用いらます。

I didn’t go to the party last night.

Q. How come?

I went to Tokyo last weekend?

Q Why did you go?  (=How come you went?)

when と whereの疑問文

when と whereはそのままで質問されます。

whenは「いつ」で where は「どこ」です。

When do you go to English class? (いつ英語クラスに行くの?)*

*より具体的に聴きたい時には、[What+名詞]を使う事が可能です。

 

What day do you go? とか、What time do you go?

When are you going to see her?

(いつ彼女に会うの?)

 

Where did you go shopping?

(どこに買い物に行きましたか?)

 

Where are you going to go on vacation?

(旅行にどこに行きますか?)

疑問文の時制

疑問文を考える時に大切なことはまず、

Yes / no 質問で尋ねるか、Wh 質問で尋ねるかを考えることです。

また、be動詞で質問をするか、一般動詞で聞くかも大切なポイントです。

そして、正しい時制で質問する事が重要ポイントです。

会話は普段yes/no質問から始めるといい事を冒頭でお伝えしました。

anything/anywhereを使った質問が聞きやすいです。それ以外にも、

Did you have a good weekend? Are you having fun in your English class?とかもいい質問です。

感情を聞き出すには、be動詞を使ったyes/no質問が便利です。

 

Was it fun? (楽しかった?)、

Are you tired? (疲れている)

という質問です。

 

Wh 質問は具体的な事を聞く性質があるので、会話の最初から聞くのは不自然です。(How+(名詞句)は例外です。)

最後に正しい時制の使い方を意識していきましょう。

時制には過去形、現在形、未来形があります。

他にも時制がありますが、とりあえずこの3つの時制をおさえましょう。

 

一般動詞を使う疑問文

時制を表す言葉に慣れましょう。相手に質問するときは、Did you / Do you / Are you going toです。主語が変わる事よって時制を表す言葉も変わります。

過去形

What did you do yesterday?

What did he do yesterday?

現在形

Do you do anything on the weekends?

Does 

未来形

Where are you going to go this weekend?

 

 

Be動詞を使う時制

文頭の音に慣れることが大切です。

過去

Were you…..

Was it…..

現在

Are you….

Is it……

未来

Are you going to be…

Is it going to be…

否定疑問文と付加疑問文

否定疑問文の説明と例文

否定疑問文 [これで合点!]

 

付加疑問文の説明と例文

付加疑問文



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから