名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

Thing の基本的な使い方と口語的表現

2019/6/14

Thing の基本的な使い方と口語的表現

会話の中でthingという言葉がとても多く用いられることに気づいたことはありませんか?しかし、何か上手く使いこなせていない気分になっていませんか?Thing の基本的な使い方と口語的な表現があります。今回のレッスンでは両方を学び、thingの使い方を克服しましょう。

目次

1. Thing の基本的な使い方

1.1「物」としてのthing

There are a lot of things in my room.

(私の部屋には色々物がある。)

 

Don’t touch my things.

(私の物を触らないで。)

 

I buy *things to eat and drink at that store.

(あの店で食べるもの、飲むものを買う。)

 

 

*things の後にto不定詞が置かれる場合はthingに情報を加えている形容詞です。

things to eat 「食べるもの」

things to do  「すること」

 

 

1.2「事」としてのthing / [形容詞+thing]

I have a lot of *things to do today.

(今日は色々やる事がある。)

 

There are many *things to do in Tokyo.

(東京には色々する事がある。)

 

I did many things over the summer.

(夏にたくさんの事をした。)

 

 

[形容詞+thing]

thing は様々な形容詞とセットで用いることができます。意味は「~の事」になります。

 

[形容詞+thing] でとても面白いフレーズが沢山できます。

 

主語で用いることが多いです。

[形容詞+thing] is ~

The interesting thing is my test result was pretty good. 

(面白いことに僕のテスト結果がとても良かった。)

 

The surprising thing is her test result was bad. 

(驚くことに彼女のテスト結果が悪かった。)

 

I think that’s the best thing for you. 

(それがあなたにとって一番いいことだと思う。)

 

2. Thing を口語的に用いる

Thing は「物と事」以外に「行為、状況、事態」を表しています。

そのため、様々な口語的な表現が生まれます。

口語的な表現の多くは直訳しても意味が捉えないものが多くあります。

その為、知らないと意味が推測できません。

ここで、複数の口語的表現を紹介致しますが、これ以上に表現はまだ存在します。

なるべく、英会話で頻出するものを厳選しました。

2.1 ~ is my thing. 「〜の好みです、得意な事です」/ is not my thing. 「〜が苦手です」

このフレーズは英会話でとてもよく使います。好きな事とと、得意なことを表現できるのでとても便利です。*myという所有格をhisとかherの別と所有格に変えることができます。

 

Traveling is my thing.

(旅行することは好きな事です。)

 

Skiing is my thing.

(スキーが得意です。)

 

Green pepper is not her thing.

(彼女はピーマンが苦手です。)

2.2 have a thing for …「~が好きだ」 / have a thing about… 「~が苦手だ」

~is (not) my thingの様にthing を用い好み、と苦手を表現できます。

 

He has a thing for you.

(彼はあなたのことが好きよ)

 

He has a thing about high places.

(彼は高い場所が苦手だ。)

2.3 Here’s the thing…. / The thing is….. 「実は、大切な事は、問題は、」

何か大切なことを言いたい時に用いる表現です。

 

The thing is I’m having trouble with my marriage.

(実は、結婚で問題を抱えているんだ。)

 

Here’s the thing. I don’t have the time.

(問題は時間があまり無いんだ。)

2.4 just the thing 「ぴったりの物、ちょうどいい物」

欲しいもの、探していたものに対して、うってつけのものを表現するのに用います。

 

I have just the thing for you.

(あなたにちょうどいい物があるよ。)

 

Ice cream is just the thing for a hot summer day.

(アイスが熱い夏にぴったりの物だ。)

2.5 sure thing 「もちろん、間違いないこと」

これは、of course の様に用いることが多いです。誰かに何かを頼まれたら、sure thingと気前よく言うと相手も喜びます。

 

Q. Can you call me a taxi?

(タクシーを呼んでもらえないでしょうか?)

 

A.  Sure thing.

(もちろんです。)

 

Q. Do you think the project will start?

(プロジェクトは始まるかな?)

 

A. It’s a sure thing. 

(間違いないよ。)

2.6 do my thing「自分のやりたいことをする、自分の思った通りに行動する」

好き勝手に動く意味合いがあります。my own thing と own をつけるとより自分は自分のことをすると意味が強くなる。

 

After dinner, we all do our own things.

(食事の後はそれぞれ自分の好きなことをします。)

 

Do your thing!  

(好きにやっちまえ!)

2.7 First thing 「まずは第一に、」/the Last thing「最後にすること、最もやりたく無いこと」

First thing と last thing で始まる慣用句を紹介します。

 

First thing first.

(大事なことを第一にしておこう。)

 

First thing in the morning. 

(朝一で。)

 

The last thing I want is another complaint.

(最も欲しく無いものは、またのクレームだ。)

 

2.8 There’s no such thing as…「そんなものはあり得ない」

これはThere’s no (nothing)で始まる慣用句です。以前、There’s no (nothing)で始まるフレーズ集を書いたのでご興味がある方はご覧になってください。

 

There’s no such thing は asを最後につけると、様々な物があり得ないと言う表現が可能です。

 

There’s no such thing as easy money. 

(簡単に稼げれることなんてないよ。)

 

There’S no such thing as low-calorie hamburger.

(低カロリーのハンバーガーなんてないよ!)

 

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから