名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

関係代名詞の使い方 

2019/6/16

関係代名詞と使う that

関係代名詞とは、2つの文を一つにまとめる時に使う語です。

別の捉え方としては、一文目のある名詞を、後ろの文が説明している、と考えても良いでしょう。

 

I like clothes.    The clothes looks good on me.

→I like clothes that look good on me.

主格の関係代名詞

文と文をつなげる役割をする関係代名詞の用法を学びましょう。

関係代名詞とは人や物(名詞)について詳しい説明を加えるときに使う文法表現のことを言います。

例えば「~なレストランが好き」と表現する場合に、

clean や popular などの形容詞はそのまま付け加えることができます。

 

しかし「健康食が食べられるレストラン」や「店員が親切なレストラン」など情報が複雑になる場合には、

この関係代名詞という文法を使って表現します。

では、次の二つの文を関係代名詞を使って繋げてみましょう。

 

1. I like restaurants. 

(レストランが好きだ。)

 

2. The restaurants has all you can eat buffet. 

(そのレストランは食べ放題がある。)

 

この二つの文を一つにまとめるために、両方の文に共通する言葉を探します。

ここでは restaurants がどちらの文でも出ていますから

②の the restaurants を that に置き換えます。

②は that has all you can eat buffet という形に変わりました。

そして、①と②を繋げます。

 

I like restaurants that has all you can eat buffet. 

(食べ放題があるレストランがすきだ。)

 

主語または目的語に普段名詞がくるため、関係代名詞は文の前にも後ろにもきます。

主格の関係代名詞の場合、修飾する名詞が人の場合、

関係代名詞がwhoになり、物の場合はthatを使います。

 

The woman who sat next to me was from Taiwan.  

(私の隣に座った女性は台湾出身でした。)

 

The people who came to the party had a good time.  

(パーティーに来た人はいい時間を過ごしました。)

 

The bag that was on sale sold out quickly. 

(セールだったバッグは早く売り切れました。)

 

I bought a bag that was on sale. 

(セールだったバッグを買いました。)

 

I met someone who owns a private jet. 

(プライベートジェットを持っている人に会いました。)

 

I ate a dish that had a lot of hot pepper in it.

(唐辛子がいっぱい入った料理を食べました。)

目的格の関係代名詞

文と文をつなげる関係代名詞には「主格の関係代名詞」と「目的格の関係代名詞」があります。

先に説明した例文は主格の関係代名詞で、次に説明する例文は目的格の関係代名詞と言います。

難しいようですが、一つの文へのまとめ方は同じです。

 

1. I read a book. 

(私は本を読んだ。)

 

2. My friend recommended the book.

  (私の友達が本を勧めた。)

 

 

この二つの文を一つにまとめるために、

両方の文に共通する言葉を探します。

ここでは book がどちらの文でも出ていますから、

②の the book を that に置き換えます。

that は二つの文を繋げる接着剤の役割を担うわけですから that を①と②の間に持ってきて繋げることがポイントです。

 

I read a book that my friend recommended.

 

目的格の関係代名詞の場合は、関係代名詞を省いても大丈夫です。

I read a book (that) my friend recommended.

 

目的格の関係代名詞は、修飾する名詞が人の場合、関係代名詞がwhomになり、

物の場合はthatを使います。

しかし、前述のように目的格の関係代名詞の場合は、

関係代名詞を省いても大丈夫なので、thatもwhomも滅多に文の中に見ることがないでしょう。

 

I saw a movie (that) Brad Pitt was in.

(ブラッド・ピットが出ていた映画を観ました。)

 

A guy (whom) I met earlier had a really nice suit on. 

(以前会った人はとても素敵なスーツを着ていました。)

 

He’s not the guy (whom) I saw at the party.

(彼はパーティーで会った男ではない。)

 

The cell phone (that) I bought had a broken display.

(買った携帯電話の画面が壊れていました。)

 

I wore the watch (that) my father gave me.  

(父がくれた時計を身につけました。)

関係代名詞を練習

日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

 

  • 関係代名詞を使い文を完成させましょう。
  •  

1. 私の隣に座った女性は台湾出身でした。

2. セールだったバッグは早く売り切れました。

3. プライベートジェットを持っている人に会いました。

4. 以前会った人はとても素敵なスーツを着ていました。

5. 父がくれた時計を身につけました。

 

1. The woman who sat next to me was from Taiwan.  

2. The bag that was on sale sold out quickly. 

3. I met someone who owns a private jet. 

4. A guy (whom) I met earlier had a really nice suit on. 

5. I wore the watch (that) my father gave me.  



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから