名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

時を表す英語表現

2019/5/30

基本を知っていても、言えそうで言えない時間表現を紹介します。

時を表す英語表現 

時間を表す英語の基本

Yesterday (昨日)

Today (今日)

Tomorrow (明日)

Last (week / month / year) (先週、 先月、去年)

This (week / month / year) (今週、今月、今年)

Next  (week / month / year) (来週、来月、来年)

過去を表す時間表現

過去を表す表現

過去を表す基本表現はYesterday, last week, 2 weeks agoなどがあります。それ以外にも文頭、または文末に置かれる表現があります。

The other day  「先日」 

The other day, I took an English lesson.

(先日、英会話レッスンを受けた。)

 

Last time  「前回」

Last time, we finished up to page 50.

(前回、ページ50まで終わりました。)

 

Just now 「ちょっと前に、ほんの数分前」

I saw her just now(数分前に彼女を見ました。)

 

A short while ago  「ほんの少し前に」

A short while ago, my sister called me.

(ほんの少し前に妹が電話してきた。)

 

A while (ago/back) 「少し前に」

He left the building a while ago.

(彼はビルを出て言った、少し前に。)

 

Back then = In those days「その当時」

Back then, I was always smoking.

(当時はしょっちゅうタバコ吸っていた。)

 

At that time 「その時」

In those days は「あの頃」という少し広い範囲を表すことができます。

しかし、at that time は「一点の時」「その時」を表します。

 

A Long time ago  「ずっと前、昔」

A Long time ago, I was a princess.

(昔は私はお姫様だったの。)

 

A couple of days ago 2~3日前」

A couple of days ago, a strange thing happened.

(2~3日前に変なことが起きた。)

 

A few days ago 3~4日前」

A few days ago, I came back from my trip.

(3~4日前に旅行から帰ってきた。)

 

A several days ago 5~8日前」

A several days ago, I was in America.

(5~8日前、アメリカにいた。)

未来を表す時間表現

Someday 「いつか」

Someday, I want to see the Grand Canyon.(いつか、グランドキャニオンを見たい。)

 

In the near future 「いずれ近いうちに」

In the near future, I want to see a new movie. (いずれ近いうちに新しい映画を見たい。)

 

Pretty soon 「近いうちに」

Pretty soon, I’ll go shopping. (近いうちに、買い物に行く)

 

Right after this 「この後すぐに」

Right after this, I’ll take a break. (この後すぐに、一休みします。)

 

Any minute (now) 「もうすぐしたら」

Any minute, the pizza will get here.

(もうすぐで、ピザが来ます。)

 

In a minute / In a sec 「すぐに」

I’ll  be there in a minute.

(すぐに行きます。)

 

In 2 days 「二日後」

I’ll see you in 2 days.

(二日後に会いましょう。)

 

 

Later / in

2 days later というフレーズを耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、I will see you 2 days laterは間違いになります。

later は具体的な時間 / 期間を示しません。laterを使うのではなく、inを使いましょう。

I’ll see you in 2 days.  in は具体的な時間 / 期間を示す言葉です。

laterが具体的な時間や期間を示すのは、過去形の場合です。He got the new car 2 days later.

頻度を表す表現

頻度を表す基本表現はAlways, often, usually, sometimes, hardly, never とあります。

しかし、それ以外にも文頭、または文末に置かれる表現があります。

 

All the time 「いつも」「常に」= (always)

位置:文末

We fight all the time.

(私たちはいつも喧嘩している。)

 

I see my friend all the time.

(いつも友達に会う。)

 

Every time 「毎回」「度に」

位置:文頭・文末

I get a sore throat every time it gets cold.

(寒くなる度に喉が痛む。)

 

He makes a mistake every time (he uses the copy machine).

(彼は毎回間違える。)

 

Most of the time 「ほとんど」「たいてい」= (Almost always / mostly)

位置:文頭・文末

I eat out most of the time.

(ほとんど外食しています。)

 

Most of the time, I watch TV on the weekend.

(ほとんど、週末はテレビを見ています。)

 

From time to time / once in a while 「時々」「たまには」 = (sometimes)

位置:文頭・文末

From time to time, I feel like having curry.

(時々、カレーが食べたい気分。)

 

I go to Korea once in a while.

(韓国にたまには行く。)

時を表す英語の練習

過去と未来の時間表現を使い文を完成させましょう。

1.  ある時、車に跳ねられた。

2.  この前、友達に偶然に会った。

3.  少し前、先生が家に電話してきたよ。

4.  いつか金持ちになりたい。

5.  近いうちに彼は電話をかけてくる。

6.  もうすぐしたらタクシーが来るだろう。

 

1.  One time, I was hit by a car.

2.  The other day, I ran into an old friend.

3.  A short while ago, your teacher called the house.

4.  Someday, I want to be rich.

5.  Pretty soon, he’ll call.

6.  Any minute now, the taxi will get here.

 

  • 時を表す表現で文を完成させましょう。

1. 私たちはいつも喧嘩している。

2. 寒くなる度に喉が痛む。

3. ほとんど外食しています。

4. 時々、カレーが食べたい気分。

5. 韓国にたまには行く。

6. 先日、英会話レッスンを受けた。

7. ほんの少し前に妹が電話してきた。

8. 当時はしょっちゅうタバコ吸っていた。

 

1. We fight all the time.

2. I get a sore throat every time it gets cold.

3. I eat out most of the time.

4. From time to time, I feel like having curry.

5. I go to Korea once in a while.

6. The other day, I took an English lesson.

7. A short while ago, my sister called me.

8. Back then, I was always smoking.

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから