名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

文法・単語

a(n)と theの使い方

2019/6/7

a(n) と theの使い方

英語は名詞の前にa(n)かthe (冠詞)が置かれる傾向があります。

a(n)かtheの違いを説明し、練習をしましょう。

a/anが置かれる場合は特定していない、「ある一つの」という意味になります。

一方、theは特定した名詞の前に置かれます。

前に出た名詞を指す場合theを用います。

I bought a bicycle.  The bicycle is blue.

(自転車を買いました。その自転車は青いです。)

 

I ate an apple.  The apple was rotten. 

(リンゴを食べました。そのリンゴは腐っていました。)

 

I saw a movie.  The movie was really good.

(映画を見ました。その映画はとても良かったです。)

 

話している人どうしが何を指しているかわかるときtheを使います。

Can you get the salt.

(その塩取ってくれない。)

 

Can I speak to the boss?

(上司に話したいのですが?)

銀行、郵便局、病院、学校は普段特定して話します。

I have to run to the bank.

(銀行に行かなければ。)

 

Why don’t you go to the hospital.

(病院に行ったら?)

 

Can you take this to the post office?

(郵便局に持って行ってください。)

 

もちろん不特定の場合もあります。

 

Is there a hospital near here?

(この近くに病院はありますか?)

他にtheを用いる名詞

●最上級を用いる時

He’s the best cook.

(彼が一番のシェフです。)

 

●sameを用いる時

I have the same book.

(同じ本を持っています。)

 

●timeを用いる時

Do you have the time?

(いま何時ですか?)

 

●位置を表す場合

I’m on the first floor.

(私は一階にいます。)

 

He’s at the end of the line.

(私は列の終わりにいます。)

 

He’s at the middle of the line.

(私は列の真ん中にいます。)

 

He’s at the beginning of the line.

(私は列の頭にいます。)

 

It’s on the left.

(左側にあります。)

 

●楽器を表す場合

He plays the trumpet.

(彼はトランペットを弾きます。)

 

I play the drum.

(彼はドラムを弾きます。)

 

●ラジオはtheが付き、テレビはtheが付きません。

I listen to the radio.

(ラジオを聞きます。)

 

I watch TV.

(テレビを観ます。)

 

a(n) と theを練習

日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

● theを使い文を完成させましょう。

1. 自転車を買いました。その自転車は青いです。

2. 上司に話したいのですが?

3. 病院に行ったら?

4. いま何時ですか?

5. 彼が一番のシェフです。

6. 同じ本を持っています。

7. 私は列の終わりにいます。

 

 

1. I bought a bicycle.  The bicycle is blue.

2. Can I speak to the boss?

3. Why don’t you go to the hospital.

4. Do you have the time? 

5. He’s the best cook.

6. I have the same book.

7. He’s at the end of the line.

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから