名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

ネイティブ日記

in a row と straight の違い 「連続的に」

2019/10/28

 

In a rowの意味

in a row は2つの意味があります。まず、「一列」にと言う意味があります。

We stood in a row. (私達は一列に並びました。)

I put the cards in a row. (トランプを一列に並べました。)

 

in a row と straight の違い

in a rowのもう1つの意味は「連続に」と言う意味です。

ここで、straightと言う言葉にも「連続に」と言う意味があります。

in a row と straight の違いがあります。

 

in a row は動作に区切りがあるものを連続して行う意味合いがあります。例えば、腕立てをするときに、区切りがあると言えます。その為、腕立てを数えることができます。

I did 20 push-ups in a row  (私は腕立てを20回連続しました。)

 

straight は動作に区切りがないものを指します。例えば、ランニングは動作の区切りがありません。その為、ランニングは走った時間で数えます。ここでは、in a rowを使うと違和感があります。

I ran 20 minutes straight.  (私は20分連続で走りました。)

 

In a row と straightがどちらも使える表現

先ほど、in a rowは区切りがあるもの、straightは区切りがないものと説明をしましたが、区切りがあるものをstraight で表現をすることもあると知っておきましょう。

例えば、20回の腕立てが区切りなく並んでいると言うイメージで

⭕️-I did 20 push ups straight はあり得ます。

しかし、In a rowを区切りがないランニング時間を表すのには使えません。

✖︎-I ran 20 minutes in a row. 

つまり、区切りがあるものはin a rowとstraightで表現できますが、区切りがないものはstraightしか表現ができません。

他の例文

The Dragons won 3 games (in a row / straight).  (ドラゴンズは3連勝した。)

He slept 24 hours straight.  (彼は24時間連続で寝れました。)

He saw 6 episodes (in a row / straight)  (彼は6話連続で見ました。)

He studied 6 hours straight.   (彼は6時間連続で勉強しました。)

 

 

in a rowとstraightを使った日記

音声

 

Sunday, October 27th.  “Enjoying BBQ”

BBQ is my thing now.  I’ve done it for two weeks (in a row / straight).  Last weekend I enjoyed cooking Saury (さんま).  There’s nothing better than food cooked over open fire.  I love the taste of charcoal grilled food. 

This weekend I enjoyed some fresh shrimps, smelt fish(=Shishamo fish) vegetable, and cow’s tongue.  I did some research on how to best cook the food.  First the charcoal should be placed on one side and the other side should be left without any charcoal.  That way you can have a space to put the food when it’s getting overcooked.   Secondly, I put some olive oil on the vegetables before cooking.  It taste much better that way.  Third, it’s good to put some food on a spit.  It’s easier to cook and eat that way.  I got all of these tips through YOU TUBE.  I don’t know how you can live without YOU TUBE and Google. 

I guess you can say, I’ve mastered BBQ.  The BBQ I tasted on that day was the best ever.  With YOU TUBE and Google, you can learn so much.  I’m so lucky I can live in a world that I can access any information I want. 

 

今日の単語

my thing – 得意なこと、好み

in a row – 連続で

There’s nothing better than … –  〜以上の物はない

open fire – 直火

charcoal grilled – 炭焼き

spit- 串

best ever – 今までも最もいい

 

日記の訳

BBQが得意になっています。週末続けてやっています。先週はサンマを焼いて楽しんでいました。直火で調理された料理ほど美味しいものはありません。私は炭焼きの味が大好きです。

今週は新鮮なエビ、シシャモ、野菜、と牛タンを楽しみました。どうしたら一番上手に調理ができるかをリサーチしました。まず炭は片面にだけ置き、もう片面は炭なしにしておきます。そうすると、焼き過ぎる手前の具材を置く場所ができるからです。2つ目に野菜は調理前にオリーブオイルを塗るとより美味しくできます。3つ目に具材を串で刺して置くと焼き易く、食べ易くもなります。これらの情報は全てYOU TUBEで学びました。YOU TUBEやGoogleのない生活は想像がつきません。

私はBBQをマスターしたと言っていいかもしれません。その日食べたBBQが今までで一番美味しかったです。YOU TUBEとGoogleがあれば、沢山のことが学べます。どんの情報でもアクセスできる世の中に住めてラッキーだと思います。

 

 

英会話のコツ

どんなスキルでも繰り返すことによって身につくものです。英語が瞬時に出てこないと悩む方がいますが、正確に言うと瞬時に出てくる英語と出てこない英語があると言うことだと思います。その差の違いは反復の量です。瞬時に出てくる英語は口に出した回数が多いだけのことです。そう考えると上手になるには方法はいたってシンプルです。慣れるまで反復を繰り返すしかないのです。上手になる方の共通点は英語で独り言を言いながら、ぶつぶつ反復を繰り返す方です。Let’s 反復です。😃

名古屋、栄でマスターイングリッシュという学校をしています。生徒さんにいつも日記を書いていただき、その日記をクラスの始めに発表していただいております。発表するためにはどうしても家で何回か反復を繰り返す必要があります。一緒に反復練習をしませんか? 体験入学はいつでもできます。お問い合わせは下記のリンクでお願い致します。

↓↓↓

 

 

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから