名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

ネイティブ日記

トランプがコロナに感染し言った英語 ‘’blessing in disguise’’

2020/10/14

トランプがコロナに感染し言った英語

コロナウイルスの話題は日々尽きることがなく、今も世界中で大きな問題となっていますね。

アメリカでは、今も新規感染者数が四万人を超えるほど深刻化しており、

これまでの感染者数が753万人、

死者数が21.1万人と世界で最も感染が拡大した国となっています。

そして皆さんも既にご存知の通り、

アメリカのトランプ大統領もコロナウイルスに感染しましたね。

私自身ニュースで聞いた際には、

とても驚きました。

大丈夫なのかと心配でしたが、

陽性と診断されてから一週間とたたずに執務に復帰!とても驚きました。

そして皆さんは、その後退院した後にTwitterに投稿された動画をご存じでしょうか?

全体では5分ほどの動画なのですが、

 

私がYOUTUBEで観たのは、1分40秒ほどの短い動画です。

 

私はこのトランプ氏の動画を初めて

YOUTUBEで観た際に、少し理解出来たことに驚きました。

 

なぜなら、トランプ大統領はそこまで難しい英語を使っていないからです。

なので、私はこの動画を何度も観ることで、英語の勉強になるのではないかと思いました。

海外のニュースを観て、

理解出来ると嬉しくないですか?

 

そして、長くて理解の出来ない難しい動画やニュースは何度も観たくなりません。

ですので、このくらいの動画が一番なのではと思いました。

私自身何度も大体理解出来るようになるまで、観ることにしました。

なので今回は、トランプ大統領が動画内で言っていた言葉と意味を紹介していきたいと思います!

トランプ氏の動画とその英語

 

 

 

1. Hi perhaps you recognize me it’s your favorite president  

(あなたは、私が誰か分かるでしょう。あなたの一番好きな大統領だ。)

 

2. I think this was a blessing from god that I caught it 

(私がコロナに感染したことが、神の恵みだと思った。)

 

3. It was incredible the way it worked  

(この働き方は素晴らしい。)

 

4. I’m going to make it free

(無料にするよ。)

 

5. Blessing in disguise

(一見、不運や不幸に見えても、実は幸運ないいことである。)

 

6. It wasn’t your fault that this happened, it was china’s fault

(この起きたことは、あなたは悪くない、悪いのは中国だ。)

 

7. You’re not going to pay for it

(あなたは払わなくていい。)

 

8. It was china’s fault and china is going to pay a big price

(中国が悪いので、中国がその代償を払う。)

 

9. Just remember that.

(このことをただ覚えていて欲しい。)

 

10. You’re going to get better, you’re going to get better fast just like I did

(あなたは良くなる、早く良くなる、私のように。)

 

今回は、10個の文をピックアップしてみました。ほとんどの文が理解出来ることを分かってもらえたでしょうか? ここから3つの言葉にフォーカスをしていきたいと思います。

Recognizeの意味

私が特に面白いなぁと思ったのは、

 

“Hi perhaps you recognize me it’s your favorite president”

「あなたは、私が誰か分かるでしょう。あなたの一番好きな大統領だ。」

 

の文です。これ、トランプ大統領はTwitterなどでしょっちゅう言っている言葉だそうです。

どんな気持ちで言っているのだろうかと思いましたね・・・。

正直、誰も思っていないような・・・(いや、好きだと思ってる人がいるのかもしれないっ笑)まぁでも面白いですよね・・・。

ここで面白い単語は recognize です。

よく耳にするので調べてみました。結構たくさん意味があるので、

私なりに簡単にまとめさせてもらいます。

 

「見覚えがある、聞き覚えがある」

テレビで俳優さんが出演していると、

名前は覚えてないけど「見覚えがあるな」と思う事ないですか?

その時こんな言い方をします。

 

I recognize him from a movie I saw.      

  (以前見た映画から見覚えがある)

 

また、ラジオから曲が流れ来た時に、「あれ、この曲聞いたことあるぞ」と思った時に、

 

I recognize this song.

(この曲聞き覚えがある。) と言います。

 

 

「仕事や努力を認める、評価する」

「仕事や努力を認める」という意味もあります。

会社の為に一生懸命働いたのに、

上司が仕事を全然評価をしてくれないと、

悲しいですよね。

 

The boss didn’t recognize my work.

(上司は私の仕事を認めてくれなかった。)

 

 

「認識する、認証する」

最近のスマホはセキュリティーが顔認証になっています。

英語で “facial recognition” と言います。また、

機械が自分のパスワードを認識してくれない場合、この様に言います。

 

My computer is not recognizing my password

(私のパソコンはパスワードを認識してくれない。)

 

 

Blessing in disguise の意味

トランプ氏はコロナに感染したことが、

「恵まれていた」と発言しました。

「コロナによって亡くなられた人達はどうなるのでしょうか」と思いますが、

トランプ氏は、コロナに感染した事を喜んでいる様です。

 

これを、 “Blessing in disguise” と言っています。

 

意味は「一見、不運や不幸に見えても、実は幸運ないいことである。」

悪いことが起きると、その時は悪いことにしか思えませんが、

ゆくゆくいい事につながっていく事はありませんか?

 

例えば、仕事で辛い思いをしたけど、

その経験が活かされて新しい仕事に繋がっていったとよくあることです。

そんな時に、あの辛い事は “blessing in disguise” と言います。

Blessing は「恵み」で disguise 「変装させる」です。

つまり、「変装している恵み」という意味です。相手が落ち込んでいる時に、

 

Maybe, this is blessing in disguise.

 

と言って勇気づけるみたいです。

Faultの意味

トランプはこの言葉を何回も言っていました。

彼はコロナウィルスの事を、チャイナウィルス「中国ウィルス」と言い続けています。

 

It’s China’s fault! 「中国のせいだ!」

 

と動画で言い続けています。

 

Faultは「〜のせいだ」という意味です。

 

例文

Your fault!                 

「あんたのせいだ!」

 

Sorry, it’s my fault.

「ごめんなさい、私のせいです。」

 

It’s nobody’s fault.

「誰のせいでもない。」

 

 

英語で情報を取り入れよう!

私自身、まだ多くのトランプ大統領が話している動画やニュースをちゃんと観たことはないので、

これを機に色々と観てみたいなと思いました。

そしてまずは、短い動画を色々と観ていこうと思いました。

これくらいの短さでないと何度も言いますが、

私は観る気になりません・・・。


そして今は、TwitterやFacebookやYOUTUBEなどのSNSが多くあり、

TVだけではなく、色々な所から世界中の情報を得ることが出来るとても便利な世の中です。

ですので、皆さんも是非この多くのSNSをフル活用し、

多くの情報を取り入れてほしいです。

そして英語の勉強にも役立つと確信しています!

これからも色々な動画やニュースを観て、

英語学習も含めて頑張っていきたいと思います!

皆さんも是非色々探してみてくださいね!!

記事の投稿者

マスターイングリッシュの生徒さんY.Fさん。

短期間で上達を成し遂げて、

その経験をマスターイングリッシュのコラムを通してシェアしてもらっています。

英語の動画は長いと情報量が多すぎて、頭がパンクしてしまいます。

マスターイングリッシュのコラムを通して、見易い動画を今後シェアしていきたいと思いっています。

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから