名古屋の英会話スクール | マスターイングリッシュ

お問合せ電話番号052-228-0646
無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。
メニューを開く

人気コラムのまとめ

無料で厳選英語文法が学べる!! [これで完璧!]

2019/6/16


☝️日常英会話が確実に上達する厳選英語文法100

オンライン英会話や通常英会話を受講していて、上達が実感できないと思ったことありませんか?

上達の実感ができない要因は単純にインプット不足です。少し例えは悪いですが、十分なインプットがない英会話は銃に玉を入れず撃とうとしているようなものです。

会話に使われる厳選された文法をしっかり学ぶことが、一番即効性があります。会話で使う文法を100厳選しました。

 

☝️100の英語文法ルールの身につけかた

会話に必要な英語文法を身につけなければ遠回りをしてしまいます。つまり、中学英語を知っていればいいということです。

会話で必要な文法はとてもシンプルなものが多いです。しかし、ただ知識として持っていてもダメです。大切なポイントは学んだ文法が実際の会話で使えることです。

文法を必ず声に出して実践練習しましょう。すべての100の英語文法ルールには練習が付いています。日本語を見た瞬間、英語が口から出てくる様になるまで繰り返し練習をしてみましょう。

 

☝️文法ポイントとネイティブが書く日記を週3回お届けします。

100の文法ポイントを学ぶにはある程度の時間がかかります。ペース良く習慣化する必要があります。そこで無料で週3回LINEを通して文法ポイントをお届けします。それだけではなく、ネイティブが書く日記もお届けします。それを読むことによってより自然に文法ポイントを身につけていけます。あなたの英会話力は飛躍的に伸びるに間違いないでしょう。

 

☝️LINE 登録はこちらで

↓↓↓

 

 

1. 基本動詞 haveの使い方

2. 基本動詞 getの使い方

3. 基本動詞 goの使い方

4. 基本動詞   takeの使い方

5. 基本動詞 doの使い方

6. 基本動詞 makeの使い方

7. 「1回目」と「1回」を英語で行ってみよう。

8.「あまり〜ではない」を英語で表現

9.「私に合っている」を英語で表現

10. will 助動詞をマスター

11. can助動詞をマスター

12. have to と should の助動詞をマスター

13. should 助動詞をマスター

14. had better と have to, must, should の使い分け

15. It’s を使った英会話の頻出フレーズ

16. 動名詞と不定詞を主語にする

17. You can の使い方 [場所で]〜することができる

18. a lot of / lots of / a lot の使い方

19. much の使い方

20. (a) little と (a) few の使い方

21. There + be動詞 「〜があります」 

22.  It hasの使い方

23. It hasとThere is の違い

24. kinda と sortaの使い方

25.  moreとbetterの違い

26. 比較級をマスター

27. 最上級をマスター

28. 現在完了形の使い方

29. 未来形で予定を話す

30.「何をするかがわからない」[I’m not sure + wh…/If….]

31. 確かさを表現する [I’m (not) sure…/ I (don’t) think…]

32. I wonder の使い方

33. be able to の使い方

34. used to と anymore の使い方

35.「やっと慣れた」を英語で表現 [(be/get) used to + 動名詞]

36. 時間を表す英語 [In those days / At that time / These days / Recently]

37. 分詞を形容詞として理解 超簡単! [tired?/tiring?]

38. Have a [名詞句]表現で自分の気持ちを表す

39. 感情を動詞+[動名詞]で表現

40.  不定詞を使う表現

41. want + 人 to不定詞

42. 動名詞を取る動詞

43.  Make の使い方

44. 副詞の位置 [already, yet, still]の使い方

45. 副詞の位置 [justとonly]の使い分け

46.  almostの使い方

47. 副詞の位置、文の後ろに来る副詞

48.  [助動詞+副詞]

49.  -ly副詞の使い方

50. Basically, Suddenly, Actually [副詞を文頭に置く]

51. 副詞evenの使い方

52. too (much/many)とenoughの使い方

53.  tooとnot enoughの使い分け

54. 知覚動詞(look, sound, feel)

55. 接続詞の使い方 Part 1 「時間を表す接続詞」

56. 接続詞の使い方 Part 2 「因果関係を表す接続詞」

57. 接続詞の使い方  Part 3  「逆接の接続詞」

58.  Ifの使い方①

59. Ifの使い方 ② 仮定法

60. 疑問文

61.  否定疑問文

62. 付加疑問文

63. [All of…/ Some of …/Most of…/ One of…]の使い方

64. someとanyの使い分け

65. [similar to] [the same as] [different from] [like]

66. [I have fun….] [I have trouble…]~ingをとるフレーズ

67. 動名詞の応用

68. Would rather と Preferの使い方

69. hope, wish, glad, sorry の使い分け

70. 時を表す英語

71. Be supposed to の使い方

72. 受け身の基本

73. So and suchの使い方

74. 前置詞の基本 ① In/on/at

75. 前置詞の基本② [From, since, until, for, before, after, during, while]

76. 前置詞の基本 ③ 動詞+前置詞 / 動詞+形容詞

77. 前置詞+ 〜ing 動名詞

78. 動作を表す動詞+前置詞

79. a/an と theの使い方

80. One と Onesの使い方

81. 関係代名詞 パート

82. 関係代名詞を主語に文の強調

83. 句動詞 パート 1

84. 句動詞 パート2

85. As を使った表現 ①

86. As を使った表現 ②

87. As を使った表現 ③

88. Soを付けた答え方

89. Thingの使い方

90. 相づちの打ち方

91. must have, could have, should haveの使い方

92. Fillers 

93. 慣用句 There’s no… / There’s nothing…

94. 使役構文 get / have / made

To be continued…… 😃

 

 

 



マスターイングリッシュのLine@に登録しよう!


無料体験レッスンのお申し込みはこちらから